ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オランダ語の家

こちらに来て1ヶ月、だいぶ生活も落ち着いてきたので、そろそろオランダ語でも習おうかなぁ?と学校を調べてみると、2月からスタートするクラスを発見!

ただし、「オランダ語初心者はHuis van het Nederlandsを通して申し込みをすること」となっています。

このHuis van het Nederlandsは訳すと「オランダ語の家」といって、アントワープ市が外国人の為に語学学校を斡旋する機関です。アントワープ市では住民登録をした外国人は基礎オランダ語を習得することが義務になっていて、そのための費用を市が負担しています。
ここでは支払義務の有無や語学能力をチェックして個人の状況に応じた学校を推薦したり申込の手続きをとってくれます。

私はまだベルギーのIDカードを取得していないので自己負担になりますが、早くオランダ語を習いたかったので予約を取って行ってみました。

受付をして順番が呼ばれていくと、まずはインタビューが始まります。内容は出生地や両親の国籍、学歴、母国語以外にできる言語は何か、アルファベットの読み書きができるか・・・など簡単なものでした。

その後は知能テストです。図形や文字の規則性を問うようなもので、例えば
問題) ?↓   ?↑↑   ?↓↓↓  ? ?

?に入る図はどれか選択肢から選びなさい、というようなものです。

まずは説明を聞きながら10問ほどみんなで一緒に解いてやり方を確認します。様々な国から集まっているので、中にはなかなか理解できない人もいます。このときもスタッフはオランダ語、フランス語、英語、スペイン語、トルコ語などを巧みに操りながら説明するのです。すごい!(さすがに日本語はありませんが・・・)
問題は20分以内に24問解くのですが、5分で終わってしまい、見直しをして終了時間を待ちました。

採点の後、学校を決めるために再び面談です。

「すぐに始めたいのなら週2回のクラスがあります。あとは週4回のクラスが3月から。大学付属のクラスはあなたなら参加できますが、次の始まりは4月ですし料金が高いですよ」

う?ん・・・、本当は評判のよい大学付属のコースに行きたかったのですが、それはまた4月に考えるとして、まずは週2回のクラスを申し込むことにしました。

いよいよ来週からオランダ語授業の始まりです。どんなクラスになるのかドキドキです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。