ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルギーは今日も雨

IMG_1753.jpgベルギーは雨が多い・・・傘

滞在2か月経った私の感想です。
昨日晴れでも今日は雨。午前中晴れても午後は雨・・・なんてことはしょっちゅうです。

ドイツでもどんより曇りの天気は多かったけれど、雨はそれほど降らなかったような気がします。
緯度もほぼ同じなので、同じような天候かと思っていたのですが、ここベルギーでは「今日も雨・・・」と思うことがしばしば・・・。

ドイツでもそうでしたが、こちらでは霧雨程度の雨だと傘をさす人はほとんどいません。私もドイツでは傘を持ち歩いたことがほとんどなかったと思います。それに慣れてしまったので、日本に帰国した時に、ほんの少しの雨でもみんな傘をさしているのに逆カルチャーショックを受けたことがありましたが・・・^_^;

でも、ベルギーでは傘が必要なくらい「しっかり」降る日が結構あるのです。雑貨屋さんなどでも傘を売っているのをよく見かけます。
降水量を調べたわけではありませんが、ベルギーは雨が多いというのは事実のようです。

・・・というのも、オランダ語の授業で初期に覚える単語に"paraplu"(傘)という言葉が出てくるのです。しかもこの間の授業ではこんな会話のやりとりが出てきました。

A君:『あ、雨が降ってきた!傘持ってるかい?』
B子:『もちろんよ。傘を持たずに外出したことは一度もないわ。ここはベルギーでしょ!』

イタリアから来た留学生パウロとベルギー人エルスとの会話。
エルス:『イタリアはお天気が良くていいわね』
パウロ:『えぇ。ベルギーはどうですか』
エルス:『ベルギーは雨が多いし冬は寒いし、ひどいわよ。ようこそ、ベルギーへ!』

『ようこそ、雨の多いベルギーへ』って、ベルギー人が言ってるのだから間違いないですね(苦笑)
生活に密着した言葉は最初に習うものだなぁ?と実感。

ちなみにドイツの時は、"spazierengehen"(散歩する)という言葉に衝撃を受けたのを思い出します。長いし発音も変だし、なんでこんな言葉が最初に出てくるのかしらと思っていたら、事実ドイツ人はお散歩好きでした。フランスやイタリアは何だろう。愛とか、かな?!(笑)

日本だったら・・・何でしょう?

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。