ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Mano Mundo

観光、イベントのシーズンが始まりました。これから夏に向けて各地で様々なイベントが催されます。
manomundo今日のアントワープは気温20℃以上の夏日。会社のスペイン人同僚に教えてもらったイベント"Mano Mundo"に行ってみることにしました。

Mano Mundoはスペイン語でMano=手、Mundo=世界という意味で、内容はとても国際的なお祭りです。毎年、3日間の開催で約10万人が訪れるそうです。

このお祭りのコンセプトは、
?世界の南北問題に感心を持ち、意識を高めること
?異なる文化の重要性に基づき、開かれた民主的で寛容な社会であること
?環境に配慮し、持続可能な発展を取り入れること(ゴミの削減、フェアトレード等)
?特に子供や若者が参加し易いように興味深い内容で無料であること

アントワープ郊外の広?い公園というか敷地内で、コンサートや各国のお店、NGOなどのテントやワークショップが並んでいます。(下の写真は敷地の3分の1位です)
環境への取り組みとして、敷地内では太陽光発電やエコドライブなどエコロジーに関する展示やイベントもありました。
IMG_2641.jpg

まずはお腹が空いたので入口付近でピザを食べ、ステージを見ながらビールとフリッツで腹ごしらえ。
そのあと、敷地内のテントを覗きながら歩いていると、美味しそうないい匂いが・・・。
IMG_2647.jpg
インドカレーやバミゴレン、ベトナムやチベット、アフリカ料理など、スパイシーで美味しそうな屋台がたくさん出てました! 
早々とピザを食べてしまったことを激しく後悔!(>_<)


ステージは全部で3か所あり、様々な国籍のアーティストの演奏を無料で聴けます。ここ↓はメインステージ。
IMG_2644.jpg

スペインのテントではフラメンコ、その他の場所でもインドやタイなど(たぶん)の踊りを移動しながら披露してました。
IMG_2653.jpg

ワークショップではアフリカの楽器を使ってみたり、こんな絞り染め体験も。小さな子供から大人まで参加できます。
IMG_2645.jpg

アジア地域ではヨガや指圧のデモンストレーション。"Chinese Origami"って書いてあったけれど、折り紙は日本のモノではなかったのかな?(指導しているのはベルギー人でしたが)

この日この場所では世界各国の民族がお互いの文化を紹介し、相互理解しようという平和なひとときが持たれました。
これも多種多様な民族、文化を受け入れているベルギーならではかもしれませんね。子供の頃からこんな風に異文化に触れる機会があっていいな?と思いました。

この小さな世界で可能なことが、地球規模に大きくなっても実現できたらいいのになぁ・・・と願うのでした。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。