ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Grote Markt

アントワープの中心地であるGrote Markt(フローテマルクト)では、多くの観光客を見かけるようになりました。日本からのツアー旅行者もいらっしゃいますね。

5月に入って、ブラボ像の噴水から水が出始めました。そして市庁舎には各国の旗が掲げられてより賑やかな雰囲気になりました。(日本の国旗もありますよ!)

この市庁舎は16世紀半ばの建設で、イタリア人も建築に関わったので、当時では珍しい”
フランドル=イタリア ルネッサンス様式”だそうです。内装は19世紀に修復されましたが、現在は(たぶん)見学できないと思います。
市庁舎

Grote Marktは市庁舎の他にギルドハウスが並んで囲む形となっていて、これがなかなか壮観です。
16?17世紀の建物と、それを基に19世紀になって再建されたものが混ざっていますが、その立派なファサードからは当時の繁栄ぶりがうかがえます。
正面ファサードの上には金色の様々な形をした各ギルドの守護神が飾られているので、一つずつ見ていくのもおもしろいですよ。
IMG_2605.jpg

アントワープは14世紀頃から近隣都市との貿易で成長し、16世紀には商業取引の中心的な地位を確立しました。運河に面した港から様々な商品が運ばれてきて、Schelde川の近くにあるこのGrote Markt(大きな市場という意味)辺りで取引されたそうです。
ギルドハウスはそうして財をなした商人の事務所や取引所として使用されていました。

IMG_2041.jpg
これは16世紀ころのアントワープの様子です。(市内の教会にあったものを写真に撮りました)

商品を運ぶ船がたくさん行き交っていて、当時既に国際的な商業都市であったことが想像できますね。

この広場から眺める大聖堂が好きです。
古びたギルドハウスの建物と青空にそびえたつ塔がとてもきれい。晴れると最高です。
EUの会議最中だったからか、塔の上に旗が掲げられていました。
IMG_2604.jpg

最近変わりやすいお天気で寒い日も多いですが、観光でいらした方々がアントワープで素敵な思い出をつくって帰られますように。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。