ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オランダでポーランド食器?

今日はヨーロッパの食器のお話。

友人の家でお茶をごちそうになったとき、かわいい陶器のカップやお皿だったので、どこの食器か聞いてみました。
「ポーランドの食器なのよー」とのこと。

このポーランド食器、通称「ポーリッシュ」と呼ばれていて、ここ数年すごい人気だとか。
オランダ駐在のアメリカ人奥様から人気が出て、それが日本人駐在員に伝わり、今ではベルギーやドイツへと口コミで広がっているようです。

そのポーリッシュとは、ポーランドのBoleslawiec(ボレスラヴィエッツ)という町で作られている陶器のことです。ここは以前はドイツ領だった町で、町のドイツ語名である「Bunzlau(ヴンツラウ)食器」として、中世から陶器の町としての長い歴史を持っています。

友人がこの食器を買い足しにオランダにある倉庫(たぶんアウトレットだと思いますが)へ行くというので、一緒に連れて行ってもらいました!(^^)!
お店というか、まさに倉庫のような場所で棚には様々な絵柄の食器がずら?っと並んでいました。金曜日の午前中しかやっていないというので、口コミで各地からやってきたお客さんでいっぱい。
火付け役?のアメリカ人がやはり多くて、皆さんディナー皿からスープ皿、小皿にカップと揃えて大量に買っていました!さすがアメリカ、買い物のスケールも大きいです。^^

私もあれこれ迷った挙句、こちらのものを買いました!
polish
普段使うマグカップを4つと、和食にも合いそうな小皿を2つ。

同じ絵柄で揃えてもいいのですが、別々の柄でも並べてみると意外としっくりきます。


ぼてっとした丸みのある形がに手書きの絵がかわいい♪
オーブン、電子レンジ、食器洗機にも対応しているので扱いやすく、普段使いにピッタリだと思います。

ヴンツラウ食器はBoleslawiecにあるいくつかの会社が作っているようで、ここで売られているのはCeramika Artystycznaというアトリエのものでした。
一つ一つ手作りで、裏には絵付けした人のイニシャルと番号が入っています。全く同じものは無いということですよね。

使ってみたら、持ちやすくて飲みやすい。お茶やホットミルクの他に、ホットワインを飲むにも良さそうです。日々の食卓が少し楽しくなりました(*^_^*)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。