ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

運転免許と思い込み

旅行から帰って貴重品を整理していると、ふと日本の運転免許証が目に入りました。
何となく「有効期限はいつまでだったかな?。確かまだ大丈夫よね?」と思ったので何気なく見てみると、

『平成21年10月○日まで有効』

jumee☆a 平成21年?

海外で生活していると、日本の元号にめっきり弱くなります。今が一体平成何年なのかと計算して気づくまでに時間がかかるのです。

「もしかして、今年の10月ってこと・・・?」

嫌?な予感がして恐る恐る日本の新聞を見てみると、日付は『平成21年8月○日』

まずいっ!ガーン またやってしまった、うっかり失効!
(・・・実際にはまだ失効してませんが、10月までに日本に帰る予定が無いので・・・)

「また」っていうことは以前にもあるわけでして(^_^;)、実は3年前にドイツから日本に帰国した時も、帰国数カ月前に有効期限が切れてしまったことが判明。日本に帰ってからドイツ免許証→日本の免許に書き換えをしたのでした。

ドイツでもベルギーと同様に、現地の免許証取得と引き換えに、日本の免許証を当局に提出しなければなりませんでした。この時も有効期限を忘れないようにきちんとコピーも取って手帳にも書いていたのですが、数年間更新が必要なかったので、すっかり忘れてしまっていたのですよね?。
それに、こういう時に日本の「元号」がより分からなくさせるのです。(←言い訳ですが(^_^;))

また、更新するにも、当局に預けた免許証を一時帰国などに合わせて返却してもらわなければならないので、海外にいると免許証は結構面倒なものなのです。困り顔

ベルギーでは、ドイツで取得した運転免許証が有効なので日本の免許を書き換える必要がありませんでした。EEA(欧州経済領域)加盟国で取得した運転免許証は加盟国内でそのまま通用するようです。(ただ、加盟国でないスイスでもOKでしたし、ドイツの免許証はアメリカでも有効だと聞いたこともあるので、その辺りのルールがよく分かりませんが・・・)

しかも、ベルギーやドイツの運転免許証は有効期限が無く(生涯有効)、更新もないのでとても便利!
なので、若い頃に取得した人の免許を見せてもらうと、今とは体型や髪の量が全然違っていてまるで別人!という人も結構いるんですよね。^^ 
ただ、近い将来EUでは交通規則や運転免許証の統一化を目指しているようなので、もしかしたらこのルールも変わってくるかもしれませんね。

そんなわけで、日本の免許証をベルギーの免許証に書き換える必要がなかったことも、手続きとしては何もせずに楽ですが、確認を怠ってしまった理由の一つかもしれません。

でも、最大のミスは有効期限は「5年間」あると思い込んでいたことです。
前回までゴールドカードだったのに、ドイツ免許から書き換えて得た免許証の有効期限は2年数か月に減っていたことを忘れていました。

本来は、更新時期に海外に居るということで出国前に延長手続きをしてこなければならなかったのですが、自分で「5年間の期限がある」と勝手に思い込んでいたために、ベルギー滞在中(一時帰国するまで)に期限が切れるとは考えもせずにベルギーに来てしまったわけです。

気がついた時には既に遅し。
海外駐在は初めてじゃないのに、なんでこんな大事なこと確認しなかったのだろうと深?く反省。思い込みや早とちりで肝心な所が抜けていることがよくあります・・・顔文字1(背景黒用)

こうなってしまったものは仕方がありません。今度の一時帰国の時に忘れずに再発行しなくては・・・。はぁ?、またあの煩雑な手続きをしなければならいと思うと、ガックリです・・がっくり

皆さまの運転免許証、有効期限は大丈夫ですか?

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。