ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

週末のGent

先週末、今年の夏最後の夏日を思わせる晴天だったので、ゲント(蘭:Gent、仏:Gand)まで足を延ばしてみました。

Gentは中世にはブルージュと共に毛織物業と貿易で栄え、16世紀には神聖ローマ帝国の皇帝カール五世が誕生した町です。今では東フランダース州の州都であり、ブリュッセル、アントワープに次ぐベルギー第3の都市となっています。

初めてゲントを訪れたのは2003年の夏でした。
それまでゲントのことをよく知らなった為、初めて目にするその美しさに感動した記憶があります。

あれから数回、機会があれば立ち寄っていますが、今でもお気に入りの街の一つです。
Gent

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。