ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルジャン・カラー

ここのところすっかり秋めいてきました。
街のショーウィンドウは秋冬コレクションで飾られて、またまた買い物意欲がそそられてしまいます。^^
この土曜日、アントワープ市内の買い物通り"Meir"も賑わってました。そろそろブーツの季節ですしねブーツ、特に靴屋さんは混んでいましたよ。

ベルギーの人(特にアントワープだからかもしれませんが)はオシャレに敏感だな?と思います。不景気とはいっても、やっぱり季節が変わると新しいファッションはチェックせずにはいられないみたいですね。

これはベルギーに来てから思っていたことなのですが、ベルギーの人が好む色があるみたいなんですよ。別に統計を取ったわけではないので私の思い込みかもしれませんが、ウィンドウでも街でもよく見かけるその色とは・・

"Paars"(スミレ色、紫色)です。

IMG_4021.jpg  IMG_4133.jpg
婦人服でよく見かけますが、カバンだって一番目につく場所はこの色

紫といっても、ピンク色に近いものから青みがかったものまでいろいろです。
今年の流行色っていうわけではないと思うのです。去年の冬もこの夏もよく見かけましたし、私が習ったオランダ語の先生は2人ともパープルの服をよく着ていました。

IMG_4135.jpg紳士服だって"paars"。
こちらはどちらかというと渋めの紫だったり、青みがかったものが多いかもしれません。

黒やグレー、紺とも合うので、こういう差し色は男性でもいいですよね。

IMG_4128.jpg
こちらは子供服。
女の子のものはちょっと赤みが強くなるかな。

ベルギーの子供服って本当にカワイイんです!
買わなくてもショーウィンドウ見てるだけでも楽しい♪

お花屋さんでも紫の胡蝶蘭や薄ピンクのバラなど、シックな色が目立つような気がします。(これがドイツやオランダだとオレンジとか黄色など原色が多くなるんですよね?)

「ベルギー人は紫色が好きなのかな?」と思っていたら、Albert?国王も"Paars"を身につけていらしたのをテレビで発見!

200px-HM_King_Albert_II,_King_of_the_Belgians

国王のパーソナルフラッグの色も赤紫なので、王家もお好きな色なのかしら・・・?

まぁ、それと一般の方の好みとは何の関係もないと思いますが、街を歩いているとスミレ色の服やスカーフ、タイツやカバンなど、パッと一目で10人は見つけられるんじゃないかと思います。

勝手な判断ですが、私の中では『ベルギー=スミレ色』となっています。^^

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。