ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ムッシューとマダムではなく

昨日の記事を書いていて思い出したのですが、ファーストフード店以外では何度かハンバーガーを食べたなぁ?と・・・。

そうだ!
マルクトやイベント会場では焼きソーセージとハンバーガーの屋台が出ているので、そこで軽く済ませることがあるのでした。
その場で鉄板で焼いていて、炒めたタマネギも加えてケチャップで食べるんですが、これもシンプルで悪くないですよ。
(写真はないですが焼きソーセージはこんな感じです⇒ルーベンスマルクト
以前、Spaのフランコルシャンのちょっと寂れたスタンドで食べたハンバーガーとホットドックが、ジューシーで妙に美味しかったのを覚えています。^^

そういうイベントではない週末で、2時とか3時とか中途半端な時間にお腹が空いたり、夫と私とでお腹の好き具合が違う時になんかにも、ベルギーのカフェは本当に便利だなぁ?と思うんです。
通しでキッチンがオープンしているし、飲み物だけから食事までできてしまうから。ドイツにはこういう「ちょうどいい」カフェがなかったので、安易にファーストフードに行ってたのかも・・・?

軽食としてだいたいどこのカフェにあるのがサンドイッチやキッシュ。私はキッシュが好きなのでついつい選んでしまいます。お店によっていろいろですが、ボリュームも結構あるし、どこで食べても手作りキッシュはとても美味しい♪
IMG_1699.jpgこれは王立美術館そばのカフェで。

レトロなガラス食器と木の机が温かみがあって、お店の雰囲気もお食事も◎


そして最近、夫がハンバーガーよりも好んで選ぶのは・・・
絵文字名を入力してください
IMG_1761.jpg←写真撮る前に左端を食べちゃったけど・・・(^_^;)

なんだか分かります?

クロックボロネーゼです。

クロックムッシュの上にボロネーゼ(ミートソース)がかかっているもの。

初めてトゥルネーのカフェで食べて以来のお気に入り。なので、メニューにクロックボロネーゼを見つけると必ず頼みます。(もちろん、出してないお店もあるのでメニューで確認してくださいね?)

クロックムッシュとクロックマダムは日本でもよく知られているけれど、ベルギーでは他にもクロックハワイとか、クロック○○・・・って結構いろんな種類があるんですよ。
クロック"croque"はフランス語で「カリカリッとした」という意味だそうですが、なぜムッシューとマダムが付いたのでしょうね??パンがカリッとしていることからすれば、ボロネーゼもハワイもありってことですね。^^
キッシュもクロックムッシュもフランス生まれですが、これはフランスにも無いのでは?

ベルギーのカフェにはこのようにパンを使ったメニューが多いと思います。
サンドイッチもバラエティに富んでいるし、どんな盛り付け出てくるのかはお店によって違うのでそれも楽しみです♪

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。