ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サイフォンコーヒーを楽しむ

夫が出張で留守の日曜日、同じくご主人がご出張中という友人と待ち合わせ。♪

イタリアンランチの後に、日曜日に営業しているアンティークショップやセカンドハンドのお店を覗きながら散策しました。今日も新しい発見があって、やっぱりショッピングは女性同士に限りますね?^m^

歩き疲れた後は、カフェタイムコーヒー
ベルギーのグルメ情報にも詳しい友人に連れて行ってもらったのは、伝統的なウィーン式サイフォンで淹れたコーヒーが飲めるカフェでした。

19世紀のウィーン式サイフォンを使ったコーヒーは2名分からオーダーできます。
IMG_4588.jpg"Koffie Ceremony"と名付けられていたこのコーヒー、まずは真鍮の器に入ったミルクや3種類のお砂糖、生クリームとチョコレートが載ったトレーが運ばれてきます。

う?ん、これだけでも気分が高まってきます♪

そして出てきました!19世紀のウィーン式サイフォンです!きゃ?、初めて見た!

IMG_4590.jpgテーブルでお店のマスターが説明してくれます。

右のポットのお水(又はお湯)をアルコールランプで加熱すると、蒸気圧によってお湯が管を通って左の挽いたコーヒーが入ったポットに移動します。すると徐々にぶくぶくとコーヒーの粉と混ざって抽出し始めました!(ちょうどその時の写真)

しばらくすると、パタンッと自動的にランプの火が消えて、冷却による圧力がかかります。今度は左のポットから抽出されたコーヒー液だけが管を通ってまた右のポットに引き戻されるという仕組み。これで右のポットには抽出されたコーヒーが出来上がっている、というわけです。

ちょっと時間はかかりますが、見ているのも楽しいですよ?。理科の実験みたい?!

IMG_4591.jpgこうして出来上がったコーヒーは、ポットについている小さなレバーを回してカップに注ぎます。
このカップはちょっと小さめですが、一人3杯は十分に飲める位のコーヒーが出来上がっています。

淹れたての香り高く、味わい深いコーヒーに心も和みます。^^

IMG_4589.jpgこのコーヒーを頼むと、数種類の中から好きなケーキが選べます。ショートケーキ
この日は友人はアップルタルト、私はアプフェルストゥルーデルのアイス添え。
(ドイツでも好きで食べていたこのアップルパイ、ベルギーにもあります)

このケーキも手作りのようで美味しかったです♪

De Lanterenという名前のこのお店。(たぶんフラマン語でランプの意味かな?)
小ぢんまりとした店内ですが、オープンになった2階席もあって空間を上手く使っています。素朴で気取らない温かみがあって、お店の方もとてもフレンドリー。

美味しいケーキとコーヒーを頂きながら、おしゃべりに花も咲いて、あっという間に日が暮れていました。ここもお気に入りのカフェの一つに決定です。(*^_^*)
IMG_4006.jpg IMG_4593.jpg

De Lanteren
Haarstraat 14, 2000 Antwerpen

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。