ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一番古いカフェ

今日は気温も少し上がって久しぶりの晴天となりました。?10℃以下を経験すると、最高気温が2℃とプラスになっただけで「今日はあまり寒くないわね」と思ってしまうところが恐ろしい?。

そして街はクリスマス前の買い物に出かけた人で大賑わい。どこのお店もレジは大行列!買い忘れのないようにメモを持参している人の多いこと。みんな両手に大きな買い物袋を下げていました。
この雰囲気は、なんだか日本の年末・大晦日と似ています。

今日は、今年最後のベルギー情報に相応しいカフェをご紹介。

ベルギーへ転勤が決まった時、ベルギーに関する本を探してあれこれ読んでいました。
その時に読んだ記事で印象に残っていたのが、アントワープにはとても古いカフェがあるということと、そのカフェのオーナー夫人が日本の方だということ。
それがずーっと頭の中にあって、アントワープに行ったら絶対に行かなくちゃ!と思っていました。

そのカフェとはQuinten Matsijs(クィンテン マセイス)。
(ちょっと発音は難しい^^;)

IMG_4634.jpg

カフェへの入り口はこちらで?す!↓

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。