ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マダムのチョコレート

もうじきバレンタインデーですね。

日本ではバレンタイン商戦で賑わっていることと思います。
先週、新宿伊勢丹で開催された「サロン・ド・ショコラ」はどんな感じだったのでしょうか?
ベルギーからはピエール・マルコリーニも出ていたみたいですね。

日本のような賑わいはないけれど、ベルギーのチョコラティエでもショーウィンドウはすっかりバレンタイン一色になりましたよ。

毎年新しいチョコレートを探して話題になる日本ですが、その日本のバレンタイン商戦に、去年初めてベルギーから上陸したチョコレートがあるのをご存じですか?

ベルギー王室御用達のチョコレート、Mary(メリー)です。

IMG_5297.jpg

あ、日本でお馴染のメリーチョコレートのことではありませんよ!
日本では同じ名前があるからか、Madame Delluc(マダム・ドリュック)という名前で発売されているようです。

創業は1919年と、同じく王室御用達のGODIVAよりも古い歴史がある老舗です。でも、特別な宣伝などは一切しないそうで、日本でもまだまだ知名度は低いと思います。実は私も、去年ベルギーに来て初めてCafe Quinten Matsijsのマダムに教えていただいて知ったのです。

店内はスッキリと落ち着いた上品な雰囲気です。
IMG_5294.jpg
<店内の写真撮影は許可を頂いております>

奥の壁には歴代のベルギー国王ご夫妻の写真も飾られています。ブリュッセルの王宮近くにあるので、王室の方々も時々買いに来られるのだとか。『死ぬまでに一度は行きたい世界の1000の場所』という本にも掲載されているみたいで、ブッシュ元大統領も来店されてます。(写真が飾ってありました)

そんな有名なお店だとは知らず、ただここのマロングラッセが美味しかったので、チョコレートも食べてみたいな?と思って買いに行ったのでした。

プラリネの種類もたくさんあって迷ってしまうのですが、お店の方が説明してくれたのであれこれ色んな種類を買ってみました。オフィシャルHPには日本語で詳しく載っているので事前に調べることもでますよ?。

IMG_5313.jpg

大きさも甘さも程良い加減で、マルコリーニのようなモダンで若々しい力強さみたいなものはなく、丁寧で優しく上品な「マダムのチョコレート」という印象を持ちました。(←すごーく抽象的^^;)
特にマダムの絵が書いてるチョコレートは、中のガナッシュがカカオ85%?70%まで4種類あって好みのものが選べるんです。これ、美味しい!

甘過ぎるプラリネはあまり好きじゃないのですが、ここのプラリネは一度に3つ位食べられちゃいました。^^ ショコラの好みは人それぞれですが、個人的にはとてもお気に入り

こちらはマダム・ドリュックのバレンタインギフト。赤いBOXも素敵です。
IMG_5295.jpg

日本でも某デパートで購入できるそうなので、気になる方はチェックしてみて下さいね?♪


バレンタインの参考になりましたでしょうか?Merci?♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。