ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近のスーパーで。

最近、スーパーに買い物に行くたびに思うのが、

「品物が少ないな?」

ということ。

特に今年に入ってからそう感じることが増えたのですが、ベルギーにお住まいの皆さま、そんなことはないですか?
この冬は雪が多かったので、作物の不作とか物流が滞っているのかぁ?なんて勝手に想像しているのですが・・・。野菜の状態も良くないし、しかもびみょ?に値上がりしているというか、どれを買ってもちょっと高いなぁ?と思ってしまいます。

もともとベルギーに来てちょっと意外だったのは商品の少なさでした。
もちろん、食料品や生活必需品は全て揃っていて困るわけではないのですが、スーパーだけじゃなくて、電化製品にしてもドラッグストアの品揃えにしても、選択肢が少ないのです。だからドイツやフランスで売っているからベルギーにもあるだろうと思いきや、見つからないものも結構あります。

その上、値段も安くない。実は、IKEAの商品もベルギーがヨーロッパで一番高いんですって!

まぁ、日本やドイツのような大きなマーケットと比べてはいけないのでしょうねぇ。日本でも田舎に行くと大きなスーパーや薬局チェーン店が無くて昔ながらのお店で値段も高め、というのに似ているかしら・・。

不況で消費が冷え込んでいる、ということもあるかもしれません。
そういえば、フランス大手スーパーのカルフールはベルギー国内の21店舗を閉鎖するそうですよ。(アントワープではLinkeroever店とGitschotelei店)
日本でも成功しませんでしたが、グループ全体での純利益が昨年度から74%マイナスだというから深刻です。あぁ?、これでまたベルギーは失業者が増えてしまいますね・・・

逆に最近いろいろと工夫している?と思うのはDelhaize。
カートを刷新したり防犯システムやセルフスキャンシステムなどの設備投資を少しずつ増やしています。インターネット注文も始めたみたいですね。↓

IMG_5416.jpg
(まだ限られた店舗で、日本のように配達はしてくれないので取りに行くんですが・・・)

品揃えがイマイチで少々高くても、近所のデレーズはいつも店員さんの応対がいいので、ついここばかり行ってしまいます。
先日、小さなベルギーのスーパーらしい?出来事がありました。

その日の私の購入金額は€20.16でした。小銭を出したかったけれど、こういう時に限って持ち合わせがない。仕方がなにのでお札で30ユーロ差し出すと、レジのお姉さんは、

「16セントはありませんか?」と。

どんなにかき集めても13セントしかなかったので、「残念ながら足りません・・」と答えると

「ちょっと小銭見せて下さい。5、10…13、ほら、13セントあるわ!」

と言って、10ユーロ札のお釣りをくれたのです!

え? 3セント足りてないんですけど、いいのー 

キョトンとしている私を見て、後ろに並んでいたマダムも「いいんじゃない」という顔でニコリ。
たかが3セント、されど3セント。一人のレジ係が(社員だけど)勝手に判断していいのだろうか?
う?ん、1セントでも足りないとダメなオランダとは違うなぁ?と実感。

小さい国の小さいマーケットでは『小さいことは気にするな♪』(←ゆってぃ風に^^)ってことですかね。(でもこれは稀なケースだと思います)

ベルギーって何だか面白い所です。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。