ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春だけどパンプキン

ベルギーでは白アスパラの季節になりましたよ?。

でも今日は、ちょっと季節外れのお野菜の話。

カボチャです。
南瓜は夏頃に収穫して秋?冬に食べるのでは?・・と思うのですが、最近BIOショップやマルクトでよく見かける変わった形のカボチャがあるのです。

こちらでよく見かけるオレンジ色のカボチャは水っぽくて甘みがなく、スープにする位しか用途が見つからないのでほとんど買いません。
以前ドイツに住んでいた時は、"Hokkaido"という名前で日本のカボチャのようにホクホク甘いカボチャが手に入ったのですが、ベルギーでは今のところ見かけてないのですよね。(ブリュッセルの日本食材店にはあるのかな?)
そんな中で目についたのがこのカボチャ。

IMG_6002.jpg IMG_6003.jpg

その形の通り「ひょうたんかぼちゃ」。^^
英語名から「バターナッツカボチャ(Butternut squash)」とも呼ばれています。オランダ語では"Muskaatpompoen"といって、ラテン語名で『Musk=麝香の香りのする』という意味だそうで、「麝香かぼちゃ」の一種のようです。
切ると下の方に種があって果肉はキレイなオレンジ色。甘くないメロンのような瓜の香りがします。
このカボチャ、自家栽培も比較的簡単で持ちが良いのも特徴だとか。だから今の時期でも出回っているのかしらん?

そして「バターナッツ」という名前の通り粘着性で甘みもあって日本のカボチャに近い感じ。ただ、ポクポク感は無いので煮物には向きませんが(作ってみたら美味しくなかった)、水っぽくないので他のお料理には使えそうです。

皮も薄くて剥きやすく、種も少ないので扱い易いですね。
瓜のようでほんのり甘みがあるので、薄切りにして炒め物などのおかずにもなります。これなら甘くてモゴモゴした日本のカボチャが苦手な男性でも大丈夫なのでは?

カボチャプリンも作ってみました。電子レンジで軟らかくしてマッシュすると甘みが増しました。これは他のお菓子にも応用できそう。

そしてちょうど今日、毎月恒例のお料理倶楽部でこのカボチャを使ったスープ(ポタージュ)を作りましたよ。

IMG_6227.jpg

薄切りにしたカボチャをじっくりいためてつぶし、牛乳などでのばすのですが、これを飲んでみてビックリ!お砂糖を入れたと思うくらい甘い!そして美味し?い!
<このレシピではオールドシメイチーズを入れたベルギー流。濃厚で美味♪>

カボチャも当たり外れがあるので何とも言えませんが、このカボチャ、調理方法によって甘みに差が出るみたいですね。じっくり蒸すと甘みが引き出されるような気がするのですが、まだまだ美味しい食べ方を研究する余地ありです。

海外で「水っぽいカボチャしか知らない」という方は一度試してみて下さい。

美味しい食べ方情報も募集中?♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。