ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

のんびりな暮らし

一昨日、やっと例の水漏れと壁の修理が終わりましたよ。

水漏れに気づいてから半年、我が家の壁に穴を開けて亀裂を見つけてから1カ月半経っています。あ?、長かった!

施工会社からの依頼でまず配管業者が、その後でまた別の日に壁を直しに大柄なおじさん2人がやってきましたよ。今回はどちらも英語の話せない方々で、訛りのきついフラマン語でしたが何とか終了。

いつものように途中携帯でおしゃべりしたり笑ったりしながらの仕事ぶり。まぁ、それはこちらではよくあることなので気にしないのですが、仕事が終わって帰った後で仕上がりを見てみたら、


 隙間だらけだよ?? 


セメントが足りなかった? 隙間を開けたほうがいいの??

などとプラスに考えようとしたけれど、どう考えてもそうは見えません。だって、もともとは床と壁の繋ぎ目に隙間なんてないのですもの。その間も1cmとか3cmとかまちまちです。
うーん、これで「完成」と言ってしまうところが、ある意味スゴイ。
これなら私が塗った方がきれいにできるぞーと思うのだけど、まぁ、いいか。

その後、近所のスーパーへ買い物に出かけました。
こちらではレジを通した商品は自分でカゴや買い物袋に入れるのですが、この時は買った品物が多くて袋詰めと支払いにちょっと手間取ってしまいました。
つい日本人の癖というか「急がなくちゃ?」と思ってしまって、後ろに並んでいる人のレジ打ちを始められるように、急いで袋に入れていない商品を端に寄せていたところ、レジ係の人が

「慌てないでゆっくりやって下さい」
と言って私の後ろに並んでいるマダムと「ねぇ」と頷き合って、自分はレジのお札を整理をし始めたのです。

これが日本だったら、レジ係と後ろに並んでいるお客さん達の「早くして」という無言の圧力を感じるところですが^^;、ベルギー(アントワープだから?!)では急かされるということはまずないですね。待つことに慣れているというか、寛容というか、そういう大らかさに助けられることも時々あります。
(逆に言えば待たされることも多いのですけど・・・^^;)

IMG_6216.jpg
<こんなにのどかな公園のそばに住んでいるんですもの?、のんびりしちゃいます>

初めの頃はこのテンポにちょっとイライラしたこともあったけれど、最近は慣れました。こちらの生活スタイルではセカセカする必要がないということもありますが、気の短い私でも「慌てなくていいよ」とか「もうちょっと待ってみよう」と思えるようになってきました。

ベルギー人化してきてるかな?!

IMG_6215.jpg
<雁(?)の親子。親は子供たちをしっかり見張っていましたよ。のどかな昼下がり>

でも、日本に帰ったら気をつけなくちゃ!(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。