ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

郵便の不思議

以前、クリスマスカードが届かない という記事を書きました。
あの後、家族や友人数人に確認したら、1月中旬に届いた人と、2月中旬に届いたという人がいましたよ。同じ日に同じ場所から出したのに(しかもわざわざ都道府県別にして←全く必要なかった(>_<))、どこでどうなったのでしょうね?。

そしたら、ブルージュのとある市議さんの所には5月末になって31通のクリスマスカードが届いた、とニュースになってました。郵便局は5ヵ月も遅れた原因は不明と言っていますが、年末年始に郵便物を入れた袋がいくつか不明になっていたみたいなんですよね。それがたぶん今頃出てきて配達されたのでは・・・と。

ベルギーの郵便局、不思議だな?と思うことがあります。

その1:住んでいない人宛の郵便がよく届く

「以前住んでた人が住所変更してないだけじゃない?」とお思いでしょうか?
いえいえ、うちのアパート、新築なので今の住民は全員最初の居住者なんです。
しかも、その宛名がひとりやふたりじゃなく、毎回違う名前だったりするのです。でも、住所はこの建物を指しています。

ベルギーって、長い道路の名前は地区(市町村)が変わっても同じなので、もしかしたら市町村違いかな?とも考えたのですが、でもその場合はポストコード(郵便番号)が異なるので、普通は分かると思うのです。

その2:その宛先人不明の郵便物を置いていってしまう

こんな風に↓
IMG_5528.jpg

どこの郵便受けにも一致する名前がないけれど、住所はここだからとポストの上に置いていっちゃうのです。
日本だったら「宛所に訪ね人が見つかりません」とかいうスタンプが押されて差出人に戻ると思うのですが、もしこれが重要書類だったらどうするんでしょう?

その3:数日後、その放置された郵便が消えている

これはもしかしたら、アパートの管理人さんか親切な住民が郵便局に戻しているのかもしれません。それとも、何日か置いておいても持っていく人がいなければ、次回の配達の時に回収するのかな??
その後、差出人に戻っているのか、どうなっているのかちょこっと気になる・・・

こういうことが一体何度繰り返されているだろう・・・


皆さまもクリスマスカードはお早めに^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。