ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まぼろしの牛肉

最近ではヨーロッパでも認知されて見かける機会も増えてきた"WAGYU"(和牛)。

一流料理人だけじゃなくて、食通の一般人にも、そのとろけるような食感や旨味、コレステロールの貯まりにくい脂身などが評価されているみたいです。

フランス人の友達は、
「WAGYU、知ってるわ。お酒でマッサージするんでしょう?」と。何年か前にテレビで放映されたのを観たそうですね。

ヨーロッパでは牛肉は安いので、WAGYUはだいたい3倍位のお値段ですかね?。日本で買うことを考えればそんなに悪くないのかな?
・・・とはいっても、ワタクシ、まだ買ったことがありません。

先月、夫の誕生日にと思って、アントワープでWAGYUを売っているお肉屋さんに買いに行ったのですけど、何と定休日?! 機会を逃してしまいました。^^;

もう一軒、美味しそうなWAGYUが売っていたのが、ブリュッセル郊外のグルメスーパーマーケット・ROBです。
IMG_6445.jpg

HPを見ていただくとちょっと分かるかと思いますが、「グルメマーケット」という通り、ROBは世界の一流品が集まっている高級スーパーです。
和食材コーナーもあって、「からすみ」も見つけましたよ。当然お値段は高いので、そうそう買いに行きませんが、見ているだけでも楽しいのですよね?。

ここの精肉コーナーで見かけたWAGYU。日本語で『まぼろしの牛肉』とかなんとか書いてありました。(記憶が正しければ…)
こちらのお肉は脂身がなくて日本人には旨味に欠けるので牛肉は滅多に食べませんが、和牛は霜降りなので一目でわかりますね。いつか食べてみなくては?!

宮崎県の口蹄疫問題が気になったので、ヨーロッパの和牛はどうなっているのかちょっと調べてみました。
ヨーロッパで売られているWAGYUは、日本の牛とアメリカの牛を交配したアメリカ産和牛みたいですね。現在はイギリスとベルギーで飼育されたものが流通しているようです。
ベルギーのどんなところで飼育されているのかと思ったら、こんな優雅な素敵な場所でした。

Kasteel Hotel en Landgoed Altembrouck

オランダ・マーストリヒトの国境付近にあります。一度泊まってみたいわ?♪
アムステルダムの有名な(?)お肉屋さんもここから仕入れているそうですよ。

そういうわけで、欧州の和牛は問題なさそうですが、日本の口蹄疫問題については相当に深刻な状況で気がかりです。
4月に発生してから被害は収まるどころか拡大していますね。

2010年日本における口蹄疫の流行

既に何十万頭が殺傷処分となり、何軒の畜産農家が廃業を余儀なくされているといいます。

今はネットを活用して報道されない事も色々と調べることができるので詳しいことはここには書きませんが、実際に宮崎県で畜産農家の方々の「生の声」を聞くと、かける言葉も見つからず、いたたまれない気持ちでいっぱいです。
(ご参考ブログ:川南町のムッチー牧場だよ?ん

微力ながら、私にできることを模索中です。

日本が長年の研究と交配で大切に育て上げてきた和牛が、本当に「まぼろし」にならないように、一刻も早い解決を願ってやみません。

日本政府は可能な限り迅速な対応を!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。