ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デコボコだけど

もう6月も終わりですね。今週のベルギーは真夏のお天気です。
マルクト(朝市)でもチェリーやアプリコット、モモ(あの美味しい平らな桃も!)など夏の果物が出てきました。

ついこの間まで1パック5ユーロ位ととても高かった苺ですが、この日は2パックで4.5ユーロとお買い得になってました!
いつものフランダースのメーカーの名前ではなかったけれど、粒が大きくて美味しそうな甘い香りにつられて買ってしまいました?。

IMG_6961.jpg

そしたら、これが大正解♪
やわらかくて甘くてイチゴの味がしっかりして、練乳要らず!

いつもの市場に出回るのと違って、イチゴ農園から直接来たのではないかしら?と思うくらいでした。だって、大きさだって、

IMG_6966.jpg
こんなにマチマチ&デコボコです。^^; 
ちょっと分かりにくいですが、真ん中の苺でも一般のサイズではに分類されるくらい大きいのです。そう考えると、両脇の苺がどれだけ大きいか想像できますか?

これを見た時は「 大きい?!」と驚いたと同時に、「日本では規格外で流通しないだろうな」と思いました。

以前にもスーパーの記事でちらっと書きましたが、こちらでは野菜や果物の大きさや品質にバラツキがあるもののお、基本的に量り売りなので値段は同じです。(白アスパラやチコリなど等級別になってるものもあります)
スーパーより新鮮と言われるマルクトでさえ、シナ?ッとしたダイコンや折れたニンジンも平気で売ってます。だからちょっとガッカリすることもあるのですけれど、でもこれが本来の姿なのかな?とも思ったりするのです。

日本は生産者の方が研究熱心だし良いモノを作ろうと努力されているので、何を食べても美味しいです。それはとても素晴らしいこと。
ただ、ヨーロッパで日々こういう状況で買い物をしていると、日本のスーパーに並んだ野菜や果物があまりにも「キレイすぎる」ことに逆に違和感を覚えたりします。

日本の規格は厳しいのでしょうね?。
実際に、色や形が規格に合わない農産物は一部は加工品として流通するものの、約4割が廃棄されているそうです。自給率が低いといいながら、これだけ無駄が出ているとは勿体無いですね。

日本政策金融公庫・農林水産事業の調査によれば、多くの消費者が形が悪い規格外野菜でも購入したいと答えています。
確かに、形だけで品質に問題がなければ安いほうがいいですし、無駄もなくせますよね。でも、95%の人が「規格品より安ければ購入」と思っているんですね。(ちなみにこちらでは色・形によって割引はありません^^;)

生産者の方達も価格低下を懸念するものの、それでも半数以上は規格は緩和するのが好ましいと思っているようです。やはり廃棄するよりも値段を下げても売れた方がいいのだと思います。

この春は野菜の高騰で政府が規格外野菜の販売を促進するように通達したそうで、評判もいいみたいですね。
自然の生産物なので天候等に左右されて市場のバランスは難しいのかもしれませんが、規格の野菜も規格外の果物も、何を買うかは消費者が自ら取捨選択できるように範囲が広がればいいなぁ?と思います。

まぁ、ベルギーでは選択肢が狭い(「良いもの」が少ない)中で選ばなければならないのですが・・・^^;

ベルギーにも規格はあるのでしょうかね?
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。