ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏のお出かけ by train

こちらベルギーは再び30℃以上の夏日が続いています。

昨日は珍しくベルギー国鉄(SNCB)に乗ってLeuvenまでお出かけ。
電車で遠出をすることがほとんど無いので、ベルギーに住んでいながら知らないことがまだたくさんあります。たまに乗ると新しい発見があったりして楽しいものですね。

こちらに来て「便利だな?」と思ったのは、切符の購入。
SNCBでは色んなタイプのチケットがあって、モノによっては窓口でないと買えないものもあるのですが、大抵のものがネット(オンライン)で買えるんです。

こちらでは年齢や乗車日によって様々な割引があるのですが、これも画面の指示に従って入力していけば購入可能なチケットを表示してくれるので結構親切。
昨日始めて知ったのですが、7月?8月の平日は片道€7.5で乗れる"Summer Ticket"というのがあるのですね。私の場合、最寄駅からLeuvenまでの通常料金が€7.70なので、40セントだけお得になりました。(お得感があまりなくてちょっとガッカリ^^;)

IMG_7170.jpgネットで買った乗車券はベルギーの電子IDカードに情報を入れるか、プリンターで紙に印刷して持っていけばOK。<こんな感じ→>
改札がないので、後で車内検札に来たらプリントしておいた紙を見せるだけと、とっても簡単♪

私が利用する最寄駅は無人なので、電車に乗ってから検札の時に買うこともでき、時間が無い時なんかは便利です。ただ、たま?に検札にも来ないこともあったりして「乗車駅を誤魔化したり、無賃乗車できちゃうんじゃない?」と思ったりもして・・・。
<いえいえ、ズルはいけません> 


日本では、予約はできるけれど最終的には窓口か駅の機械で発券しなければなりませんよね。今はほとんどの駅がハイテク自動改札機なので、コピー用紙なんてダメですね。(笑
「ネットで購入、紙切符」と「駅で購入、電磁気切符」、、どちらもハイテクなのかアナログなのか?? JRのチケットも事前にネットで買えればいいのになぁ・・・。

それから、地球温暖化の影響か分かりませんが、30℃を越える夏日が増えつつある北ヨーロッパ。ほとんどの電車やバスは冷房設備が付いていないので、車内はかなり暑くなります。
窓を開けることしかできないけれど、夏日が数日続くとそれも大した効果はなく、サウナ状態に。
<今日乗ったバスは微妙に涼しい風(冷房?)が車内に出ていたので新型車両かも?!>

昨日も午後から日差しが強くなって、帰りの電車では座っているだけでも汗が出る?!

そんな時に、あると便利なのが日本の扇子。

IMG_7171.jpg
<以前ドイツで猛暑の年に、日本の家族に買ってもらった扇子。ベルギーにも持ってきています>

1年のうちで使う機会はほんの数回かもしれないけれど、年々増えつつある夏日に備えて置くといいかも?と思います。

暑いと言っても、まだ扇子や扇風機で凌げるし、夜も寝られるので日本と比べれば全然マシですね。外は猛暑でも電車内や建物の中が冷房でキンッと冷えているのも苦手なので、こちらの夏の方が身体には自然な気がしています。

でも、これ以上暑くならないで?!

Thank you♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。