ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大学の町と教会コンサート

電車に乗って訪れたのはルーヴェン(蘭:Leuven、仏:Louvain)。
フラームス・ブラバント州の州都です。

この日はルーヴェンにお住まいのtomiさんが町を案内して下さいました♪

町はコンパクトにまとまっているのですが、その歴史は古く、市内には歴史的建造物がたくさん残る見所のある町です。実は在留邦人の数はブリュッセルに次いで2番目、アントワープよりも多いんです。

私がルーヴェンと聞いて真っ先に思いつくのが、ルーヴェンカトリック大学
なんと1425年創設、哲学者エラスムスも教鞭をとったことがあるという名門大学です。語学も充実していて、日本語学科もあるんですよ。
この町を歩いていると、あちこちに大学関連施設があって「町が大学で出来ている?!」と思えるようなベルギー最大の大学都市です。

例えばこちらの広場に面した建物は大学図書館。
IMG_7161.jpg
立派ですね?。
第一次大戦で火災にあったので、1920年アメリカの資金提供によって再建されたもの。なんと3百万冊以上もの書物を所蔵しているとのこと。

この写真、手前のモニュメントが気になりませんか?
針にさかさまに刺さった虫。著名な方の作品だそうですが、ルーヴェン在住邦人の方達の間では通称「ハエ広場」と呼ばれているそう。そう聞いたら、だんだんハエに見えてきた?(笑

ちょっと長くなりますが、その他の見所はこちらから続きをどうぞ?!

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。