ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一見地味だけどすごい博物館

日本からのツアー旅行だと、アントワープでは大聖堂に入場見学する位であとはさらっと外から見て終り・・・というコースが多いみたいですね。

ベルギーの見所を短期間で訪ねようとすると仕方がないのですが、アントワープには大聖堂以外にも面白い場所がいっぱいあるのですよ?。

そんな中で、個人的には「アントワープ必見ベスト3!」だと思っている場所があります。
アントワープ中央駅聖母大聖堂、そしてもう一つは・・・

IMG_4102.jpg

Plantin-Moretus(プランタン=モレトゥス)印刷博物館。

グーテンベルクが活版印刷を発明してから約100年後の1550年、フランス生まれのクリストフ・プランタンがアントワープに設立した世界最初の産業印刷工場"Officina Plantiniana"。
その後は娘婿のヤン・モレトゥス、3代目バルタザール・モレトゥスへと代々引き継がれ、印刷事業は1867年まで続いたと言われています。

現在はアントワープ市の管理の下、「プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体」として世界文化遺産にも登録されていて、16世紀?19世紀の印刷工房や設備、住居や印刷物がほぼ当時の状態のまま保存されている博物館です。

「印刷工場なんて地味?」とおっしゃるなかれ。
これがなかなか、すごいんです。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。