ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

巨人がやって来た!

金曜日からお天気が回復して、「あぁ、まだ夏は残っていたんだなぁ?」と思った今週末、アントワープでは3日間に渡るイベントが行われました。

フランスのパフォーマンス集団"Royal de Luxe"が巨人を引き連れてアントワープにやってきたのです!
アントワープには1998年と2006年にも来ているそうで、今年で3回目だとか。 (訂正:2008年には街中で小さなパフォーマンスがあったようです)

今回のショーのテーマは"De Duiker, zijn hand en de Kleine Reuzin"(ダイバー、彼の手と小さな女の子の巨人)。

アントワープのブラボー伝説を意識して、手を切り取られ海の底へ沈んでいた巨人が、失った自分の手と姪っ子(小さな巨人)を探しに町へ行く、というようなストーリー。(蘭語ですが詳細はこちら

市内を練り歩くというので、町の中心部にいれば見られるのかと思っていたら、ちょっと違ってました。
物語が再現されるわけなので、例えば巨人が深い海から陸に上がるのは港で、小さな巨人が船で叔父さん巨人を探しに出るのは別の広場で・・・という具合に、3日間かけて市内のいくつかの場所で別々のパフォーマンスが行われたのでした。

時間も朝、午後、夕方という感じでずっと動いているわけではないので、その時と場所を逃してしまうと見ることが出来ないのです。私は初めてのことで要領がよく分からず、見所を逃してしまいましたよ。^^;

日曜日の午後は、巨人とミニ巨人が北部にある広?い公園でピクニックをする、という展開だったので、どんなものか見に行ってきました。
曇りがちだったけれど気温も28度位と暑くなったこの日、公園には巨人を観ようと大勢の人達が集まってきてました。

IMG_8510.jpg
肩車された子供たちの目線の先には・・・

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。