ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アウシュヴィッツ強制収容所を訪ねて

クラクフ周辺には、旧市街以外に2つの世界遺産があります。

一つはヴィエリチカ(Wieliczka)岩塩採掘場、もうひとつは世界的に有名な負の遺産、アウシュヴィッツ強制収容所跡地です。

今回はアウシュヴィッツ博物館を訪れることも目的だったので、ヴィエリチカはスケジュール的に断念。

"アウシュヴィッツ(Auschwitz)"というのはドイツが占領した時にドイツ語名に変更したもので、実際の地名は"オシフェンチム(Oswiecim)。
クラクフから電車やバスで1時間半の場所です。

クラクフからアウシュヴィッツへは英語のガイドツアーなども出ているのですが、私達は博物館の日本人専属ガイドである中谷剛さんに事前に連絡を取って、ガイドをお願いすることにしました。

クラクフ中央駅を8時25分に出るバスに乗って揺られること1時間半。他に参加された日本人の方と一緒にガイドツアーの始まりです。

IMG_9146.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。