ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ストの多い国・・・そして最後は

本日、ベルギー国鉄(SNCB/NMBS)は22時までの24時間ストライキに突入しています。

その影響でベルギー国内の道路は大混乱。
交通事故も重なって、高速道路は朝9時の時点で各地点合わせて330kmもの大渋滞。電車が通常通り走っていてもいつも渋滞しているリング(環状線)はきっとひどいことになっているのでしょう。
電車通勤で車を持たない人は自転車かタクシー、ヒッチハイクして何とかして出かけるか、家で待機しかないですねぇ。

それに、陸続きのヨーロッパではベルギー国鉄がストを行うと隣国にも影響を及ぼすのですよね。
例えばアムステルダムとパリを結ぶ高速列車タリスはベルギーを通過するわけですが、スト中なのでベルギー国境手前のオランダとフランスでそれぞれ折り返し運転になってしまうのです。同じようにロンドンへ行くユーロスターも今日は運行無し。
たまたま旅行や出張を入れていた人は本当にお気の毒としか言えません・・・。

IMG_9467.jpg
<パリ北駅。ベルギーからのタリスはここに到着>

ドイツではあまり経験なかったせいか、ベルギーはストが多いなぁ?という印象です。
この2年弱で私自身が実際に巻き込まれたのはのDe Lijn(バス)の1度きりですが、カルフール、清掃局(ゴミ収集車)、夏の繁忙期の海岸線トラム、郵便局等、地域毎にストを行っているので、フランダースだけでみても結構頻繁なのではないかと思います。
(今日もブルージュの刑務所でストがあった模様)

つい先日はブリュッセル空港の管制塔のストライキがあって、当然飛行機は飛べずに全てキャンセル。これは他国への影響も大きいので多大な損失だったと思うのですけれど・・・。

日本では一応ストライキの予告をするけれど、実際に行われたことは私の記憶ではありません。でも、ベルギーに限らずヨーロッパ各国では実行日までに解決しないことがほとんどなので、ストを予告したら本当に、やる。^^; 
デモにしてもそうですが、組合が強いのかなぁ??
(そういえばこんな大胆なデモもありましたね ⇒ Brusselを封鎖せよ?!

ベルギー人の知人に「ストが多いね」と言ったら、「そう?フランスほどじゃないよ」と返されてしまった。^^;

IMG_9422.jpg

そう、そのフランスに、週末1泊で出かけていたのです。
ヨーロッパ最後の旅は、やっぱりパリかな、と思いまして・・・。
だってタリスで2時間ですもの、近い近い!でも、一日ずれていたらストで帰れなかったかもしれない、と思うとギリギリセーフ!情報収集は必要ですネ。
<遊んでばっかり? ちびちび引っ越し準備もしてますよ?^^>

確かに、フランスはストやデモが多いですね。
以前、オルセー美術館へ行ったらストライキで閉館していたことがありました。幸い翌日はオープンしたので鑑賞できましたけど、フランスでは美術館もストをするのねぇ?と驚いた記憶があります。

先週はフランスの鉄道がストだったし、今は年金制度改革への反対デモやらストやらが断続的に続いているようですし。
来週ちゃんと飛行機飛ぶのか心配になってきた・・・(パリから出発するのです)

ちょうどこの日もパリ市内でデモ参加者と警官の衝突があったようですが、私達が街を歩いている時には出くわさず、とても平穏な日常でした。

IMG_9407.jpg

もう一度オルセーを見学した他は、のんびり街歩き。そして友人達と美味しいフレンチディナーとお喋りを。
パリはいつ行っても素敵な街。(住むとまた違うかもしれないけれど^^;)
都会だしいろんな表情があって楽しい。

次はいつ来れるか分からないから、落ち葉の舞う石畳をゆっくり踏みしめながら歩きました。

IMG_9397.jpg

さぁて、引っ越し準備頑張るぞ?!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。