ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

交通ルールは・・・

問)赤信号の横断歩道。左右から車は来ません。あなたなら渡る?渡らない?

答)日本人⇒渡る人と青信号になるまで待つ人、半々くらい
  ドイツ人⇒青信号になるまで待つ
  ベルギー人⇒渡る

・・・というのが私の見た印象です。^^

ドイツ人は本当にルールに従順です。時々ドイツの町にいくと、車の来ない赤信号でも信号が青になるまで渡らずに待っている人がほとんどです。

所変わってベルギー。
赤信号でも車が来なければまず渡ります。横断歩道の無い場所でも渡ってしまう。
車だって、交通標識があっても警察がいなければ無視しちゃう・・・ということも、(大抵の人は守っているけれど)時々見かける光景です。

ベルギーではいつもあちこちで道路工事をしていて、そのせいで迂回路に誘導されたり(この誘導がまたいい加減だったりするのですが)、進路方向の標識がある日突然変わったりするので、分かりにくいし行きたい方向へ行かせてもらえないことも理由の一つかと思います。

たとえば、我が家の周辺だけでもこの数か月の間に何か所かの標識が変わっています。
左折禁止一つは脇道から本道へ合流する際、渋滞するからか危険だからか、突然『左折禁止』の標識が立ちました。でも、その標識を無視して左折してしまう車が後を絶ちませんでした。(^_^;)

そしたら2ヶ月位経って、いつの間にかその標識は撤去されて左折可能になっていたのです!ねこ

あまりにみんなが守らないからか、左折できないと不便だと苦情があったからか分かりませんが、じゃぁ、あれは何の為だったんだろうひよこ@はてなって、今でも不思議に思います。

もうひとつ、我が家の裏道は去年まで左から右への一方通行矢印でした。それが今年に入ってから急に右から左への一方通行←に変わったのです。
もちろん、それに伴って左側入り口には「進入禁止」標識(車両進入禁止)の標識がたてられているのですが、以前からの習慣で変わったことに気がつかないのか、知ってても誰も見ていないからか、逆走してくる車と何台もすれ違います・・・むぅ・・・

そしてヨーロッパでよくあるラウンドアバウト(信号の無いサークル状の交差点).。

roundabout大抵の国ではロータリーに先に入ってる車に優先権があり、ベルギーも現在ではそうです。
ところが、数年前まではとにかく「右優先」だったために、「右から進入してくる車が優先」であり、交差点を先に走っている車は入ってくる車を待たなければならなかったそうです。
(フランスは今でもそうらしいですが、本当でしょうか)

こうしてルールもよく変わるベルギーでは、今でもたま?に古いルールのまま運転している人もいるので、こちらも十分気をつけなければなりません。
以前、このロータリーで衝突事故があった時、お年を召したドライバーの方が「私が教わった時には入るほうが優先だったんだ!」と主張した、という話を聞きましたが、そういうことも当然起こりますよね?。

知り合いのドイツ人もベルギー人の運転の仕方はひどい、と言っていたことがありましたが、それもそのはず、昔は教習所で訓練することなく免許が発行されたようですし、その後も筆記試験のみで実地試験がなかった時代もあるそうです。今ではちゃんと路上教習もありますが、それでも比較的簡単に免許が取れてしまうらしいのです。
最近は飲酒運転は厳しくなりましたが、数年前まではベルギーでは飲酒運転はOKでしたし、結構いい加減だったんですよね?。

ルールを守って運転が上手なドイツに住んでいたこともあって、ベルギーはあまり運転上手ではないなぁという印象です。街で見かける車も凹んでたり、傷が付いてる車も少なくありませんし・・。
ヨーロッパでは南へ行くほどこういう傾向が強いようですが、ベルギーもやはり"ラテン的な"ところがかなりあるなぁ?と思うのです。

ベルギーの交通ルールはよく変わり、そしてあまり気にしない?・・・・ようです。(^_^;)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/03/04 (Mon) 19:00 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。