ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

船の家

このブログを通じてお知り合いになった方が何人かいらっしゃいます。
mixi等のSNSもやったことがない私には、こういう出合いもあるのね?と、とても新鮮な気持ちです。
また、この拙いブログでも毎日見て下さる方がいるのはとてもうれしく、励みなります。♪
いつもありがとうございます。ハート

さて、先日、そんなお知り合いの一人、Kさんとお会いする機会がありました!
Kさんはベルギー人のご主人の転勤で今は別の国に住んでいらっしゃいますが、この度アントワープに一時帰国されるというので、「是非会いましょう!」ということになりました。

こういうのは初めてなので、ドキドキ、ワクワクしながらアントワープ郊外の運河沿いにあるというKさんのお宅まで車で向かいます。手書き風シリーズ42車

指定された住所へ行くと・・・・

jumee☆b お家はどこ・・・?

ここでーす!↓

IMG_4122.jpg

じゃ?ん!この船がお家なんです!

長さ40M、幅5M、高さ3Mで、元は石炭や小麦などを運搬していた正真正銘の貨物船です。
船の家といえば、オランダの運河に浮かぶボートハウスのようなものを想像していましたが、これはそのまんま「お船」ですね。

運河があるベルギーやオランダならではの住まいに興味津々♪
Kさんはブログ掲載を快く承諾して下さったので、皆さまにも少しご紹介しますね。

では、船の生活、潜入レポートです!^^

以前はアントワープ市内のハーフェンに停泊してたそうですが、そこが締め出しの為に急に高額の賃料を課すことになり、郊外にあるこちらの運河へお引っ越し?されたそうです。
ここには現在10艘程度の「船の家」があります。

玄関?!を入るとそこは操縦室。
IMG_4121.jpgおぉ?、本物ですよ!
(当たり前か・・・)

操縦には免許が必要なので、移動するときには操縦士さん(キャプテン)を雇うそうです。

登録する書類の上では「住居専用」と「運搬用」とがあって、Kさんのお船はまだ運搬もできるようになっているとのこと。
実際、この船で2カ月程かけてフランスやスイスに物資を運んだそうですよ。将来また物資を運ぶお仕事があれば、それも可能なんですって。(ただしこの船は川と運河のみで海には出られません)

短い梯子階段を少し降りると・・・

IMG_4118.jpgそこはかわいらしいLiving&Diningとキッチンです!

キレイに改装してあるので、そのまま本当に「家」ですね。
奥の茶色ドアの向こうには小さなベッドルームがあります。


IMG_4119.jpgこんなに大きなキッチンもあります。

日本の1LDK位の広さでしょうか、光が入って明るいので狭さは感じません。


キッチンの隣の部屋にはバスルーム。
IMG_4120.jpgトイレとシャワールームに洗面台がついてて、ホテルのようです。
こちらも新しくてモダン!


購入された時には全く違う配置だったそうですが、こんなにきれいにリフォームできるんですね。
現在は外国で暮らしていらっしゃるので、ここに滞在するのも一時帰国の短い間だけなので十分だそうです。ハイ、日本のアパートはもっと狭い所がいっぱいありますから?。^^

一度外に出て、甲板の方から大きな倉庫というか貨物庫に入ります。
IMG_4117.jpgこちらは発電機と水槽タンク。
水は6週間くらいで無くなるそうなので、船を移動させて補給しに行くそうです。
その都度操縦士さんにお願いしなければいけないので、不便といば不便でしょうか・・・。

この写真と反対側には数十メートルのスペースがあって、将来はきちんと改築・改装してお部屋にするそうです。普通の家をリフォームするのとはわけが違うので、どんな感じになるのか全然想像がつきません。きっと↑のリビングのように、すっかり変わってしまうのでしょうね?。う?ん、楽しみです。

一度ここでまた外に出て船の先頭部分へ移動します。そこからも中に入れます。
ここは写真を取らなかったのですが、ちょっとした納戸とベッド付きの小さなお部屋があります。元々運搬船なので、船乗りさんが生活できるような作りにはなっているんですね。以前のオーナーのお嬢さんが使っていた部屋なのか、ピンク色の壁やタンスがありました。
Kさんはこちらをランドリールームに改築したいとおっしゃってました。^^

ダイニングでお茶をいただいていると、貨物船が通るたびにゆら?り、ゆら?りと揺れるんですよ。
これ、酔います・・・。
でも慣れてしまうと、逆にゆりかごのようで眠りに誘われるのだとか・・・^^

船を購入して住むのは、ご主人の長年の夢だったそうです。
決して便利な生活ではないかもしれません。維持修繕も大変だと思います。
でも、便利さだけでは切り捨てられないロマンがありますよね。

世界には様々な価値観があって、色んな形の「住まい」があるのだな?と、貴重な社会見学?にもなりました。^^

IMG_4123.jpg
*Kさん、先日は貴重なお時間をありがとうございました!何か間違いがあったら教えてくださいね!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。