ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

城砦とサックスの町

今週、日本は連休で「シルバーウィーク」だそうですね。いつの間にかこんな呼び方になっていたのですね。

昨日のベルギーは半袖でちょうど良い晴天だったので、思い立ってDinant(ディナン)まで出かけてきました♪
ディナンはベルギー南部のワロン地方にある人口13,000人程度の小さな町です。

町の中心でありシンボルとなっているのは、玉ねぎ型ドームのノートルダム参事会教会と、その背後の切り立った崖の上にあるシタデル(城砦)です。

IMG_4219.jpg

この山頂に城砦が築かれたのは11世紀中頃です。その後、再建と戦による破壊の歴史を繰り返し、現在は19世紀のオランダ支配時代のものだそうです。
この小さな美しいディナンの町も、中世から第二次世界大戦まで、フランス、オランダ、ドイツという大国によって戦火に巻き込まれて来たんだな?と、その悲しい歴史がうかがえます。

先ずはシタデルに登ってみま?す!

シタデルにはロープウェーか階段で登りますが、入場料には<階段+ロープウェー+ガイドツアー>が含まれているので、どちらで登っても料金は同じという不思議な設定です。^^

IMG_4250.jpg

ディナンの町が一望できます。教会は本当にほぼ真下!
シタデル内部の主要な場所はガイドツアーで見学可能です。私たちは時間的なこともあったのでツアーには参加しませんでしたが(オランダ語だったし・・)、火薬庫や武器庫、第一次大戦時の様子などを聞きながら見学できるようです。

IMG_4225.jpg崖にほぼ接するように建っているこのノートルダム参事会教会は、12世紀終りのロマネスク様式でしたが、1227年に背後の岩壁が崩れてきて壊れてしまい、ゴシック様式で再建されたそうです。

ムーズ川に架かる橋には日本の国旗も飾られていました。
名所には仏・蘭・独・英語の他に日本語も書いてあってビックリ。日本人観光客も多いのでしょうか。

内陣には17世紀のものも残っていて、ステンドグラスも素晴らしかったです。
IMG_4237.jpg IMG_4239.jpg

ディナンの町を歩くと至るところに目につくのが、サクソフォン(通称サックス)。
実は、サクソフォンが誕生したのはこのディナンの町なのです。

IMG_4233.jpg IMG_4260.jpg
巨大なサクソフォンの像と、メインストリート。その名前も「サックス通り」。
サックスをかたどった装飾が・・。夜になると電気で光るのかな?

この通りに、サックスの生みの親、Adolphe Sax(アドルフ・サックス)が生まれ育った家があります。

IMG_4235.jpg IMG_4230.jpg
家の前のベンチにはサックスさんの像があって、一緒に記念撮影できます。^^
(↑ちょうど子供が隣に座ってます)
サクソフォーンという楽器は、彼の名前からきていたんですね?。初めて知りました。

楽器職人であった父親を持つ彼は、若い頃から楽器造りに関わっていて才能があったのだと思いますが、実はディナンの町にもサクソフォンが生まれるべく素地があったのでした。

ディナンの町は古くから銅製品の加工で有名で、フランス語で"Dinanderie"という真鍮の調理器具などもこの町の名前が由来だそうですね。
一時は銅製品の加工産業で栄えたようですが、今では寂れてしまい、町中でもこのディナンドリーにはあまりお目にかかれませんでした。
IMG_4258.jpg丁寧に作られていて美しい?。
こういうので料理したらプロっぽいですね。
でも、飾っておきたいくらいキレイです。


真鍮製品のディナンドリー、サクソフォンともう一つ、ディナンの名物といえば、Couque de Dinant(クック・ド・ディナン)という固いクッキーです。

IMG_4257.jpg動物や人、花などきれいな形に焼かれたクッキー。
食べてしまうのがもったいないくらいですね。

材料は小麦粉とハチミツだけ。これを熱や湿気に強い梨材の木型に入れて約300℃で焼くと固いクッキーの出来上がり。
元々は保存食で戦時中や飢饉のときに重宝されたのだとか。
とにかく固いらしいので、顎と歯の悪い私は(←年寄みたいですが(^_^;))迷ったけれど買うのを止めてしまいました。小さく割って紅茶やコーヒーに浸して柔らかくしたり、舌の上でじっくりと溶かすようにして食べるようですね。少しだけでも買ってみればよかったかな・・・。

ゆったり流れるムーズ川と少しずつ色づき始めた木々に囲まれたディナンは、いろんな魅力がぎゅっと詰まった素敵な場所でした。
IMG_4249.jpg

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/20 (Sun) 19:18 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/21 (Mon) 03:23 [編集]


鍵コメント(Pさん)

いつもコメントありがとうございます。
ワロン地方の小さな町や村は、フランダースと違う雰囲気で素敵ですね。機会がありましたら是非お出かけ下さいね♪

JJ | URL | 2009/09/21 (Mon) 07:52 [編集]


Re: 行きたい街が増えて大変・・・

こんにちは。
そうですね、ディナンはアントワープから車で2時間弱位でしょうか。
ベルギーは小さな国なので、結構気軽に日帰りでどこへでも行けてしまいます。^^
同じようにシタデルがある近くの町ナミュールと一緒に立ち寄るのもいいかもしれませんよ。

JJ | URL | 2009/09/21 (Mon) 07:57 [編集]


私も行きました行きましたっ!! 5年ほど前ですが・・・私は主人とバイクで行ったのですよ!!気候のいい時期で、あの素晴しいシタデルの景色とでとても気持ちが良かったのを思い出します。ベルギー南部にはこのような小さな美しい町があって素敵ですよね。私もまた行きたくなりましたねー。。。デイナンの硬いクッキーは知りませんでしたー。どれくらい硬いのか食べてみたいです!

ほ~みぃ | URL | 2009/09/23 (Wed) 13:30 [編集]


ほ~みぃさん

こんにちは!
バイクにも乗られるんですか?!確かに、南ベルギーはのどかな丘陵地帯が広がってるのでドライブやバイクの旅はいいですよね~。
これからの紅葉の時季も楽しみです。
クッキー、買ってくればよかったですね。また機会があればレポートします!

JJ | URL | 2009/09/23 (Wed) 19:32 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。