ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

思い出の町へ?Monschau(ドイツ)

9月最後の週末も、暖かく穏やかな秋晴れとなりました。晴

こんな日には出かけないともったいない!ということで、

「そうだ、ドイツへ、行こう!」

そう思い立って、ベルギーとの国境を挟んですぐのEifel(アイフェル)地方へ向かいました。
アントワープから約2時間のドライブです。手書き風シリーズ42車
この辺りは国境線が複雑なので、ベルギーからオランダに入り、一度ドイツに入ったと思ったらまたベルギーに一瞬戻って、それからすぐドイツに入る・・・という具合に何度か国境をまたぎます。自由に行き来できなかった時代には、どうなっていたのでしょうね?。

アイフェルは森やのどかな牧草地が広がる小高い丘陵地帯で、山間にはかわいらしい町や村が点在しています。
今回訪れたのは、近隣諸国やドイツ国内からもバスツアーが出ている人気の町、Monschau(モンシャウ)です。私たちにとってはドイツ滞在時に友人や家族を連れて何度も行った、思い出の場所でもあります。

紅葉にはまだ少し早かったですが、空気はキリッとひんやり冷たく、初秋の晴天に恵まれたこの日も、多くの観光客で賑わっていました。

IMG_4305.jpg

モンシャウへの入り口はこちらです↓

モンシャウの旧市街地は、石畳と木組みの家に囲まれた歴史地区です。この写真↑でご覧の通り、この地域独特のグレーのスレート葺きの屋根が町に統一感を与えていますね。
町の歴史は古く、12世紀には最初の町の名前が与えられています。中世の城跡が残り、幸い戦火も免れたので、ちょっとタイムスリップしたような雰囲気が感じられる、かわいらしい小さな町です。

町の中心でありシンボル的存在は、Rur川沿いに建つ教会とピンク色の壁の"Rotes Haus"(赤い家)です。
白とグレーの色ばかりの町の中でひときわ目立つこの「赤い家」は、18世紀に織物業業で財を成したJohann Heinrich Scheiblerの自宅兼店舗でした。今は博物館となっていて内部の見学ができます。
IMG_4283.jpg

Rur川沿いにはドイツらしい木組みの家が並んでいて、中はレストランやギャラリー、ホテルなどになっています。かなり傾いている建物もあるのですが、こういう建築はベルギーではなかなか見かけません。

IMG_4290.jpg

正面の小高い丘の上にあるRuine(要塞跡)は、町が一望できるの絶好のビューポイントですので、是非登ってみて下さい!
一番目の写真もここから撮りました。^^
IMG_4286.jpg

モンシャウは"Senf"(マスタード)が有名で、100年以上5世代に渡ってマスタードが作られています。モーゼル川やライン川周辺のレストランでは、このモンシャウのマスタードを使っているところが結構あるんですよ。
IMG_4314.jpg
古いオリジナルレシピのものからハチミツやイチジク、ニンニク、ハーブなど、18種類のマスタードがあり、味見もできます。

ちょっと大きいけれど、どっしりとした容器も素敵です。


その他にもガラス工芸や手工芸店が集まった小屋、コーヒーショップにアンティークショップなど、小さいけれどかわいらしいお店もあります。

この日はポカポカ陽気で、外のテラス席はどこも満席。
IMG_4300.jpgランチには今が旬の森のきのこ "Pfifferlinge"(アンズ茸)を使ったお料理を。
ソテーしたPfifferlingeが乗ったサラダです。
ドイツにしては珍しく?オシャレな盛り付けでした。^^

ドイツ料理はお肉ばかりで重いという方には、サラダ1皿でもボリュームがあるのでオススメです。


近くには国立自然公園があるので、ハイキングなどのアウトドアも楽しめます。
そしてこのアイフェル地方は、今ではのどかな美しい景色が広がっていますが、実は第二次世界大戦時には、最も激しい戦いの場になりました。
ドイツと国境を接する地域(オランダ?フランスにかけて)には、ドイツ軍がフランスに対して築いた「ジークフリード線」と呼ばれる要塞線がありました。その線上にはフランス軍の戦車の進入を防ぐために"Panzersperren"(戦車バリケード)が築かれたのですが、今でもこの周辺には一部が残っています。
IMG_4321.jpg
大小様々な大きさを組み合わせて建造されたバリケード。
のどかな牧草地の中に突如として現れます。

決して歓迎されるモニュメントではありませんが、悲しい歴史を忘れないために残してるのでしょうね・・・。

タンポポの黄色が美しい春、緑が眩しい夏、紅葉が美しい秋、そして寒いけれど温かみのあるクリスマス。モンシャウはそれぞれの季節毎に表情を変え、訪れる人を楽しませてくれる場所だと思います。
IMG_4303.jpg
機会があれば是非お出かけ下さい。(*^_^*)

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Monschau、緑も豊かだし
建物がまたかわいらしい町ですね(^^)
前から素敵な町だというのは聞いていて
行ってみたいなあと思っているのですが・・・。
こちら写真を拝見してさらに行きたくなってしまいました♪

tulp | URL | 2009/09/28 (Mon) 21:11 [編集]


tulpさん

こんにちは!コメントありがとうございます(*^_^*)
オランダからも日帰りで行けると思いますが、この辺りは自然豊かで温泉地もあったりするので、泊まってゆっくりするのもいいかもしれませんね。ドイツは宿泊代安いですし^^
決してオシャレというわけではありませんが、素朴な田舎のカフェ・レストランも悪くないですよね。

JJ | URL | 2009/09/29 (Tue) 08:50 [編集]


素朴な可愛らしい町ですね~

このモンシャウ、数年前にクリスマスマーケットの時期に行きました~。
小さくて可愛らしい町ですね。
ホットワインのカップをお土産に持ってきました。
マスタードが有名なんですね。
また行ってみたい町です。

なおみ | URL | 2009/09/30 (Wed) 02:45 [編集]


なおみさん

実は私、モンシャウのクリスマスマルクトにはまだ行ったことがないのですよ~。
今年の冬には行ってみようかな。ホットワインのカップはお土産にもなりますしね。
マスタード、美味しいですよ。今度行かれた時にはお試しください♪

JJ | URL | 2009/09/30 (Wed) 08:25 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。