ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本 in ベルギー

アントワープの中心街を歩いてると、日本の国旗が目に入りました。
お店の名前は「Japan Center」。とても気になったのでちょっと入ってみると・・・
Japan Center
お店のオーナーは日本人ではなく、(たぶんそうだと思うのですが)ベルギー人です。オーナーと思われるマダムは浴衣姿でにっこり。

広い店内には和箪笥や鎧兜、日本人形に着物、掛け軸・・・と日本のものがいっぱい並べてあります。入浴剤や祝儀袋まで売っていたのには感心というか思わず笑ってしまいました。

お店に入って左手には敷布団と枕が置いてあり、その名も”ZEN”。この言葉、欧州では日本的なものには何でも付けたがるような気がします。「禅」の意味が分かってるわけではないのです。

特に和箪笥の種類は多くて、小さいものから大型のものまで、状態も結構良好なものがありました。頻繁に日本に行って骨董屋などで買いつけてくるのでしょう。中国や韓国のモノが混じっていることはなかったので、純粋に日本の骨董品が好きなんだろうなぁと思いました。

ヨーロッパで日本の家具やインテリアを取り入れるのは難しいと思いますし、決して安くない値段なので、懐事情がちょっと気になったりもしましたが(余計なお世話ですね^_^;)、外国の方が日本の文化・芸術の良さを認めてくれているのは、素直に嬉しいなぁと思いました。オーナー様、これからも頑張って下さ?い!

その後もプラプラ歩いていると、こんな懐かしいものを発見!
monchichi2
「モンチッチ」です?♪

子供の頃、大人気で私も持っていました。ある年齢からオモチャ売場に行かなくなったので、その後どうなったのか知りませんでしたが、まさかベルギーで再会するなんて!

このモンチッチ、日本での販売は一時中止していたそうですが、欧州では継続して売られていたようです。日本でも1996年から販売が再開され、先月は誕生35周年記念だったそうです。

やはり、良いものは国を越えて受け入れられるということでしょう。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。