ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お国訛りと脳のセンス

12月になったので、ブログもクリスマスバージョンに模様替えしてみました♪

さてさて、10月に始まったオランダ語の授業もいよいよ終わりに近づいてきました。上達したかと聞かれると困ってしまうのですが(^_^;)、いろんな国の人が集まる授業はそれぞれのお国柄が出るので、比較文化という点でも結構面白いものです。

こういう語学の授業では、ペアやグループになって会話したり作業することが多いのですが、一緒に組むメンバーによってはちょっと大変なことも・・・。どうしても母国語の発音の癖が出るので聴き取りにくいんです。だから授業中の他の人の発言は耳をよ?く澄ませて聞かないと理解できなかったりします。(お互い様ですが・・・)

この間、各自が作った短い作文を読み上げて、別の生徒が文法や語彙、発音を採点するということがありました。ちょっと嫌な授業ですが、それぞれの直す点が分かるのはよかったと思います。

私も注意しながらなるべくハッキリ発音したつもりでしたが、ジャッジしたルーマニア出身のA君によれば
「文法と語彙はいいですが、発音は時々曖昧で分かりにくいです」

アハハ?、やっぱり?笑
夫にもしょっちゅう言われていますが本当に発音が下手です。音を聞き分けるセンスがないのです。なので、会話だけじゃなくて聴き取りの方も問題あり、です。

私には「お国訛りがきつくて何を言ってるのか分かりにくい」と思える人の発音が、同じヨーロッパ系の人にとっては「発音は非常にクリアーだ」という回答だったりするのです。アルファベット言語の人達には、やはり共通の音があるのですね。
RとLの違いはもちろんですが、FとH、BとV、CとZなどの他に、オランダ語には日本語にない微妙は発音がたくさんあるので難しいです。でも、発音が悪いのはアジア人ばかりではなくて、ロシアや東欧、南米、中東とそれぞれ癖があるのでちょっと安心。

もうひとつ面白いのは、同じクラスにいる英国人と米国人のアクセント・イントネーションが全く違うこと。これを同じ「英語」というのは違うんじゃないかな?とさえ思ってしまいます。(ちなみにヨーロッパの人が習うのはイギリス英語、日本人が習っているのは「米語」ですね)

で、イギリス人のSさんが話すオランダ語は結構聴き取り易いのですが、アメリカ人のKさんの話すオランダ語は「今のは英語でしょ?」と思わず聞き返してしまいそうになるくらい英語の発音なのです。彼女は自分でもそれをよく分かっていて「私が一生懸命オランダ語で話しかけても、私の発音を聞くとみんな英語で答えちゃうのよ」と嘆いていました。<う?ん、気の毒だけど、ごめん、それは仕方ないかも・・・>

『センスのいい脳』の著者、中央大学教授の山口真美氏によると、真新しい赤ちゃんの脳は、外界からの刺激を脳が処理して感覚を鍛え、好みや必要な能力を見極めながら大人へと進化していくといいます。その過程で、脳は本能的に生きていく為に必要な情報だけを吸収し、無駄な情報は排除しようとするそうです。
例えば、日本語に無いLとRの発音も赤ちゃんにはちゃんと聞きわける能力があるのですが、日本語独特の母音を聞き続けるうちに脳が「必要ない」と排除していくわけですね。
(但し、著者は幼少期に多くの英語を聴かせることには否定的です。まずは一つの環境で脳を音を聞き分け、会話の中で論理的な文章を組み立てる力をつけるべきだと言っています)

なるほど?!・・と、妙に納得してしまった私。(^_^;)
日本語オンリーの世界で育ち、洋楽さえも高校生になるまで聴かなかった私の脳は、英語の発音を「必要なし」とみなしてとっくの昔に排除してしまったのだわ。これでは聴き分けも発音もできないのは当たり前ですね。

ただ、そう開き直っていてはコミュニケーションは成立しません。細かい事にこだわり過ぎて発言しないのは良くないですが、伝わらなければとんでもない結果になることもありえます。

"Wablieft?"(フラマン語で「え?何ですか?」の意)

と聞き返されたり、「何言ってるか全く分からないわ」というような顔をされて凹むこともあるのでかお、出来ない発音も努力して近づける必要はあるなぁ?、とは思います。今の学校の先生も、発音は大事だと言って授業ではわりと注意しますし・・・。

でも、こうして身の回りで必要度が高くなれば、きっと脳も鍛えられるはず。できないながらもマイペースで頑張ります。ファイト
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほんとっ オランダ語は難しいですよねー… 私は結婚して7年になりますが、あまりベルギーに滞在してないせいか(言い訳言い訳)お恥ずかしい事にまだ全然じゃべれません。周りがみんな英語でしゃべってくれるので、ついつい甘えてしまって楽な方へいってしまいます。私はいつも主人から"U"の発音を注意されます。私としては言ってるつもりなのですが違うそうです。あ~~数年後ベルギーに戻ってまたオランダ語をスタートしなければと思うと憂鬱です!脳は退化していくばかりなのにぃぃ……

ほ~みぃ | URL | 2009/12/03 (Thu) 04:19 [編集]


ほ~みぃさん

オランダ語は、モチベーションの上がりにく言語ですね。しかもフランダースは訛りも色々あるので、ベルギー人がしゃべってるいることは本当に聴き取れません。(^_^;)
まぁ、最終的には英語が通じるので助かりますけど。
今はシングリッシュに慣れたのでしょうか?
きっと、ベルギーに戻られて毎日接しているうちに、脳も刺激されて馴れてくると思いますよ!

JJ | URL | 2009/12/03 (Thu) 09:13 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。