ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスマーケット in Trier

以前ドイツに住んでいた時、ニュルンベルクのように大きくて有名なものから、小さな村の中世風のものまで、毎年あちこちのWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト:クリスマスマーケットの事です)に行きました。

どこも同じようなお店で雰囲気も似ているし、毎年変わり映えしないといえばそうなのですが、それでもこの時期になると何故か行かずにはいられなくなるので不思議です。
元々娯楽が少ない上に、暗くて寒くて雨の多い憂鬱な11月を経験すると、このクリスマスマルクトの明るさと華やかさは一大イベントなんですよね。個人的には、一年の中でドイツ国内が一番賑やかに輝いている時なんじゃないかと思います。(あ、もちろん緑豊かな夏も素晴らしいですよ!)

ドイツから帰国した時には、もう当分行くことはないだろうと思っていたけれど、思いもよらずまたお隣のベルギーに来てしまった。(^_^;)
3年ぶりのドイツのクリスマス。今回は、ドイツ滞在中に行けなかったTrier(トリアー/トリーア)のクリスマスマルクトへ行ってきました?♪

トリアーはルクセンブルクの近く、モーゼル川沿いにあって、アントワープから車で3時間程の所にあります。ローマの遺跡が残るドイツ最古の町。
IMG_4707.jpg

よかったらご一緒にどうぞ?↓

規模は大きくありませんが、ドイツらしいパステルカラーの建物に囲まれたこの広場は、クリスマス小屋とも似合っていてメルヘンチック♪
IMG_4679.jpg

写真では分かりずらいですが、各お店の屋根は本物のモミの木で飾られているので、すごくナチュラルで温かみのある森のクリスマスという雰囲気です。

IMG_4680.jpg子供たちのお楽しみ、こちらのメリーゴーラウンドにもモミの木の装飾が!
こういうのは初めて見ましたが、周りに溶け込んでいてイイ感じです。


お腹が空いたので、まずは腹ごしらえ?食事

IMG_4688.jpg定番のカレーブルスト(焼きソーセージにカレーソースをかけたもの)とGlühwein(ホットワイン)で温まります。

ドイツではどこへ行ってもまずはグラスやカップ込みの料金を払い、飲み終わったら返却すればカップの料金を返してくれるというリサイクルが徹底しています。

実は私、今まで一度も持って帰ったことがなかったのですが、今回のカップは立体的な絵でかわいかったのと、さすがにもうトリアーには来ないかなーと思って初めて記念に持ち帰ってきました。(^^)

IMG_4695.jpgこちらはライベクーヘン。じゃがいもをすりおろして油で揚げたもの。(光の加減で青白く写ってます)
アップルソースをつけて食べるのが一般的ですが、私たちはシンプルにお塩で。ここのは刻みパセリが入ってカリッと揚がって美味しかったです。3枚3ユーロは安いっ!


大聖堂の前には大きなクリスマスピラミッドが!
木製のクリスマスグッズはやはりドイツならでは。カワイイです。
(お値段はかわいくないけど(^_^;))
IMG_4699.jpg大聖堂ではクリスマスまでの毎土曜日、アドベントコンサートが無料で開催されています。この日もちょうどタイミングが合ったので、パイプオルガンと少女達の美しい讃美歌を聴くことができました。

第一アドベントからクリスマスのその日まで、救い主の降誕を待ち望むという、ヨーロッパならではの厳粛な雰囲気が味わえます。


きれいなクリスマス飾りや置き物、カラフルなロウソクなんかを見るとあれこれ欲しくなってしまいますが、見るだけで我慢?。(^^)

IMG_4710.jpg

時々その地域にしかないようなお店があって、そういうのを見つけるとうれしくなります。
IMG_4706.jpgこちらはガーリックのいい香りに誘われて・・・・。
ドイツでは珍しいバゲットです。ちょっとフランスっぽいものが入ってきてますね。
きのこやベーコンにチーズが載って、注文するとオーブンで温めてくれるでカリカリ!

トリアーのクリスマスマルクトは、地理的にもルクセンブルクやベルギーからの観光客が多そうでした。フランス語がよく聞こえましたし。

やはりクリスマスマルクトはドイツが楽しい、と思います。うまく言えないのですが、他のキリスト教国とはどこか違う雰囲気があるんです。ドイツ人にとって何だか特別なものなんだろうなぁというのが伝わってくるというか。それが歴史や伝統から生まれるものなのかもしれません。

町としても観光名所でもありモーゼルワインの産地でもあるトリアー。機会があれば皆さんも是非行ってみてくださいね?。(*^_^*)
IMG_4716.jpg

その他、ドイツのクリスマス情報はこちらに詳しく載っていますのでご参考になさってください。⇒Rhine Bruecke

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トリアー・・・またまた知らない街です。

ドイツはあまりにも広大で、知らない街でも結構いいところありますよね。
わたしはまだベルギー来て一年目なのでいろいろなところへ出かけていますがl、一通りまわったらドイツとかフランスの小さい街を見ていきたいとおもっています。

ここも忘れないようにしないと・・・

ベルワフ | URL | 2009/12/13 (Sun) 20:06 [編集]


ベルワフさん

そうですね~、ドイツは広いのでなかなか全部は行けませんが、ガイドブックには載っていない小さな町でも素敵な所がたくさんありますよ。

私たちもまずは住んでいる国から・・・ということで、ベルギーのあちこちを周ってますが、フランスの田舎にも行きたいと思ってます。

JJ | URL | 2009/12/13 (Sun) 21:18 [編集]


素敵ですね~☆彡

やっぱり、ドイツのクリスマスマーケットは素敵です!
特に小さい町のほうが、町全体がクリスマスマルクトになってしまったような雰囲気で好きです。
お店で売っているものも、可愛らしいオーナメント、美味しそうなソーセージ、そしてホットワインのカップも♪
今回は、ドイツに行く機会がなかったので残念です。
Trier(トリアー)のクリスマスマルクト、一度は行ってみたいです!

なおみ | URL | 2009/12/13 (Sun) 23:34 [編集]


なおみさん

そうですね~、 やっぱりクリスマスマーケットは本場ドイツですね!
何でもないソーセージなんかも、こういう雰囲気の中で食べると美味しいし楽しく感じちゃうんですよね~。^^

来年はドイツに行く機会はありそうですか?あ、でもまだアントワープでもクリスマスマーケット、楽しみましょう♪

JJ | URL | 2009/12/14 (Mon) 14:31 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。