ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅は「鉄道の大聖堂」とも呼ばれるほど美しく、観光名所にもなっています。
残念ながら現在外装と周辺の工事中です。ごめんなさい、綺麗になったらまたUPします(>_<)
(アストリッド広場から見た写真)
station

1895年から1905年にかけてターミナル駅として建てられました。これは工事現場の囲いにあった写真で、建築当初のものと思われます。
oldstation

ドーム型の屋根の待合室は、ベルギー人建築家Louis de la Censerieがスイスのルツェルン駅やローマのパンテオンからインスピレーションを得てデザインしたそうで、異なった様式を取り入れた折衷的なスタイルになっています。駅とは思えない荘厳さです!
station2

今までこの駅はターミナル終着駅であったため、Thalys(フランス、ベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ高速列車)は、南にあるAntwerpen-Berchem駅に停車していて、中央駅まで乗り入れていませんでした。町の中心から少し離れているのでちょっと不便だったかもしれません。

それが1998年からアントワープ中央駅の地下を通るように南北の駅をつなげるトンネル工事が始まり、2007年の3月に開通、12月から乗車が始まったそうです。今ではパリからブリュッセルを通ってアントワープ中央駅、そしてアムステルダム中央駅まで乗り換えせずに行けるようになり、便利になりました。

駅は地上2階、地下2階建てで、地上階には観光案内所やカフェなどがあります。一番下に見える2本のレールが市内を通過する高速列車の乗り入れホームです。
station3

今週末、ここからThalys(タリス)に乗ってパリまで行ってきます♪
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。