ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルギーのインテリア

ヨーロッパのインテリアは素敵なものがたくさんありますよね。

英国アンティーク、イタリアンモダン、カントリー、ナチュラル、アジアン等、インテリアの好みは千差万別だと思いますが、みなさんはどのようなタイプがお好きですか?

イタリアやフランスは面白いデザインのものがありますし、ドイツもちょっとゴツイけど質の良いしっかりした家具が有名です。
雑貨や車を見てもそうですが、ドイツにはどういうわけか「カワイイ」という言葉が似合わないんですよね。「機能的」「質実剛健」という言葉がピッタリだと思います。(笑)

じゃぁ、ベルギーの家具ってどんな感じなんでしょう?

今日は、ベルギーに来てから気に入って時々のぞきに行くインテリアショップをご紹介します。

そのお店は、こちら!

IMG_4635.jpg

ホーム・インテリアショップ"Flamant"(フラマン)です。

Flamantはフランダース出身のFlamant兄弟が3人で始めたお店です。
創業は1978年、デパートの一角に商品を出すことから始まって、90年代から徐々にお店を拡大、今では25カ国に店舗があるそうです。
もちろん、東京と大阪にもショップがありました!⇒HPはこちら

Flamantの家具はヨーロッパの古典や伝統を取り入れながらもシンプルで飽きのこないデザインなので、永く使えそうなものが揃っています。

アントワープ店ではダイニングからリビング、ベッドルームにバスルームと、ショールームのようになっていて色使いやテーブルコーディネートも勉強になります。

シンプルだけれど機能的なダイニング。こういう大きな食器棚が欲しいんだなぁ?。
IMG_4717.jpg

廊下にはトナカイの角のようなものでできているシャンデリア。
IMG_4718.jpg
これ、お高いんです!

この写真のように薄いベージュの木目を活かした家具なので、ナチュラルな感じが出ますし、飾るものによって違った雰囲気が楽しめるかもしれません。


そしてこちらは、これぞベルジャン・カラー!と私が思ったお部屋。
IMG_4638.jpg
モーブ色っていうんでしょうか、一歩間違えると地味だけど(^^、こういう落ち着いた控えめな色合いがとてもベルギーらしいと思います。
よく見ると、テーブルの脚などは英国アンティークぽいデザインで凝っていますね。

暖炉のあるお部屋は憧れ。寒い日にも暖かくて心地よく過ごせそうな冬のインテリアです。
IMG_4639.jpg

欲しくなっちゃいますけど、サイズが大きいので残念ながら日本に持って帰るのは無理ですね?。いつも小物しか買えない(>_<)

それから、アントワープ店では2階がレストランになっています。
雰囲気がいいので結構気に入っています。ちょっとお高いのですが(アントワープでは平均的かな?)マダムランチやビジネスランチにもピッタリです。

IMG_4719.jpg

こちらは先日友人と一緒に入った時に食べたトリュフのスパゲッティ。
おいしゅうございました。(*^_^*)

家具は買えなくても、インテリアを見ているだけでも楽しいので、センスを磨くためにもまた通いま?す♪

Thank you♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アントワープ店は、
2階がカフェだったんですね~!!
フラマン!入るとそこは別世界みたいですもんね!
こっちに来て一番最初に行った雑貨屋さんだったので鮮明にインテリアとか覚えていておお!と感動しました~!!

いつかこんな家具に囲まれて暮らしてみたい~・・♪♪♪です♪

あーたん | URL | 2010/01/16 (Sat) 11:28 [編集]


あ~たんさん

初めて入ると「わぁ~!」って感動しちゃいますよね。
クリスマスのデコレーションも素敵でした。こういう優しい色合いのインテリア、結構好きなので気に入ってます。
ブリュッセル店も前を通るたびに気になっているので、今度のぞいてみようと思います。

JJ | URL | 2010/01/17 (Sun) 09:38 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。