ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Vrouwendag?女性の日

今朝、学校へ行ったら、ラトビア人のKさんに言われました。

「JJ、今日は"Vrouwendag"(女性の日)だよ、おめでとー!」

女性の日?そんな日あったっけ?

・・・と思ってよく聞いてみると、旧ソ連の国々では3月8日は「女性の日」として重要な記念日で、男性が女性にお花やアクセサリーなどをプレゼントするのだそうですよ。
チューリップかミモザの花束を贈るのが一般的だとか。
女性同士でカードを交換したり、職場では男性が同僚の女性にお花を配ったりもするようです。

今日は旧ソ連出身のクラスメートが申し合わせたようにケーキやクッキーを作ってきてくれて、休憩時間にみんなで頂きました♪

IMG_5492.jpg

これ、全て手作りです。美味しかったですよ♪

個人的な印象ですが、今まで旧ソ連出身のクラスメートはみんな勉強熱心だしマメです。授業の出席率や宿題の提出率も高いんです。まぁ、発言も多くてハッキリして強いので、そのパワーには圧倒されますが・・・^^;

「女性の日」ってベルギーではあったかしら?と思ったので家に帰って調べてみたら、Wikiに載ってました!

3月8日は『国際女性デー』

旧ソ連だけでなくて、国連が1975年に宣言した国際的な記念日だったのですね。(知らなかった?
国によって温度差があるものの、それぞれの国では女性団体やグループなどが、女性に対する差別撤廃や平等な環境整備を求めたイベントやデモを行っているようですね。

実はベルギーでは11月11日が"Vrouwendag"なのですが(これも知りませんでしたが)、この日は第一次大戦の休戦記念日と一緒なので、3月8日を「女性の日」として新たに公的な祝日にするべきという意見もあるようです。

『国際女性デー』という国際的な記念日の割には、旧ソ連諸国の生徒以外は知っている人がいなかったので、まだまだ認知度は低いのかもしれませんね。
その旧ソ連の国々でも、今では政治的な意味合いは薄れ、母の日のように「女性がプレゼントをもらえる日」という位の認識でお祝いしているみたいです。

男女の格差は女性の台頭が著しいヨーロッパでもやっぱりあります。
「平等」の定義は難しいですが、国連が提唱しているように、各国それぞれの歴史、国民的伝統や習慣に沿うかたちで女性の社会的地位や環境の整備について考える機会としては、こういう日があってもいいのかもしれなぁ?とふと思いました。

女性ということで・・・^^ Dank u wel!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も”国際女性デー”知りませんでした! でも今朝たまたまテレビのニュースで観たのですよ。インドでの事でした。
そうですよね、まだまだ国、宗教によっては女性の地位等が低い所があるようなので、こう言う日をもう少し国際的に取り上げて考えてみるのもいいかもしれませんよね!!

ほ~みぃ | URL | 2010/03/09 (Tue) 02:31 [編集]


ほ~みぃさん

先進国では女性の地位も向上していますが、他の国に目をやれば教育さえ受けられない女性達はたくさんいるのですよね。
貧困も男性と比べて女性の方が圧倒的に多いそうです。まだまだ知らない世界があるなぁ~と考えさせられます。

JJ | URL | 2010/03/09 (Tue) 18:04 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。