ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

老舗のお菓子(DANDOY)

今日はHair Cutのために、日本人美容師さんがいるブリュッセルへ出かけてきました。
せっかくブリュッセルに来たので、以前から気になっていたお菓子屋さんを訪ねてみました。

お店の名前はDANDOY(ダンドワ)といって、ビスケットやクッキーを作っている1829年創業の老舗です。
IMG_1681.jpg
こちらで有名なのはSpeculoos(スペキュロース)と呼ばれるシナモンなどの香辛料が入ったこげ茶色のしっかりした歯ごたえのビスケットです。(写真下:様々な大きさのSpeculoos)
これは12月6日にやってくる聖ニコラウスの姿を型取ったもので、ベルギーでは一年中売られている最もポピュラーなお菓子です。(ドイツでは聖ニコラウスの時季だけ食べるのが主流だったと思いますが・・・)
IMG_1683.jpg
DANDOYでは、現在六代目のオーナーが当時のレシピを基に今でも手作りを守っているそうで、添加物や着色料、保存料は入っていません。スペキュロス以外にも紅茶葉の入ったサブレなど15種類程のクッキーがあり、どれも自然で素朴な味わいです。硬いクッキーは紅茶に浸して食べると美味しくいただけますよ。
こちらの本店にはスペキュロスの大きな木型がいくつも飾ってあり、長い歴史を感じました。

ちょっと離れた支店では、ベルギー名物のワッフルを食べることができます。
ゆっくりしたい方は2階のティールームで、気楽に食べたい方はこちらの1階でテイクアウト。

ちなみにワッフルはフランス語ではGaufre(ゴーフル)といい、リエージュ風とブリュッセル風の2種類があります。ブリュッセル風はふわふわした生地で大きめの横長、リエージュ風は日本でおなじみのしっかりとした歯ごたえの小型のワッフルです。
シンプルなプレーンの他にチョコレートやチェリーソース、アイスクリーム乗せなどいろいろ選べますが、ワッフルの美味しさを味わうのならシンプルなものがオススメです。
IMG_1685.jpg私はザラメが入ったこちらのリエージュ風ワッフルを買って食べ歩き。

注文を受けてからその場で焼いてくれるので焼きたてのホカホカ!サクッとしたお砂糖の食感とバター風味豊かなしっとりした生地がたまりません!
「美味でございま?す♪」
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

懐かしいなぁ・・・
昔、Stuttgartに住んでいたとき、ベルギー旅行をしたとき、そこへいったことがあります。
ベルギー人の友達に、ぜひ行くように勧められていたのです。スペキュロスは、薄いパリッとしたクッキーのようなものですか?
ワッフルは本当に”美味でございま~す”よね。
しかも本場の焼き立てを食べられる、というのは羨ましいかぎりでございま~す。

ゆ~こ | URL | 2009/03/02 (Mon) 13:15 [編集]


ゆ~こ様

Stuttgartにいらした時でしたか。たぶんその頃とまったく変わっていないと思いますよ。
スペキュロスは、パリパリッとした薄いビスケットですが、ちょっと大きいものになるとやや硬めで歯ごたえがありますね。
香辛料が効いているのでちょっと大人の味かしらん?ベルギー人はこれが好きみたいで、スペキュロス味のペーストも売っているんですよ。

JJ | URL | 2009/03/03 (Tue) 08:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。