ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公園とアートと自転車

5月の3連休の日帰り旅行第一弾。

この日はとってもお天気が良かったので、「暖かくなった晴天の日に出かけよう!」と前々から決めていたオランダへ向かいました。

ヨーロッパ北部に住んでいる方には申し訳ないのですが、やはりアントワープより北へは気持ちが向きにくいのです。グレーな空の下に住んでいると、もっと明るい太陽や美味しい食事を求めて、どうしても南へ行きたい気持ちの方が強くなってしまいます。悪気は無いのですが…^^;

・・・とは言え、オランダにも素晴らしい見所はたくさんありますよ。
今回行ったのはオランダ最大の国立公園 Het National Park De hoge veluwe

アントワープから200km弱。
"hoge"("hoog"=高いの形容詞変化)という名前が付くくらいだから、平地オランダの中ではやや高台になっているみたいですね。緑やお花の開花もこちらに比べてちょっと遅い感じ。
2010年は設立してちょうど75周年だそうです。

ではでは、こちらの広大な公園内へご一緒にどうぞ?

5,500ヘクタールもあるというこの広大な公園は、敷地内に入るだけでも有料です。
もちろん公園内にも駐車場はあるのですが、私達は園内で無料で借りられるという自転車に乗りたかったので、公園入口脇の駐車場に止めました。

こちらの公園のユニークな所は、1700台の無料貸し出し自転車があって、自転車専用道もちゃんと整備されてます。さすが自転車大国オランダですね。

早速自転車に乗って公園の中心へ進みま?す。<ママチャリだけど^^>
IMG_6707.jpg
緑がいっぱいの中、ほんとうに気持ちがいい?♪

最初に目指したのは、"Kröller-Müller Museum"(クレラー=ミュラー美術館)
IMG_6716.jpg

「素晴らしい美術館だから」と聞いていたので是非訪れたいと思っていました。
緑豊かな公園内にあるモダンな建物は、白壁に時折ガラス窓越しの緑が映えて、とても爽やかな。美術館というより、高原にある個人ギャラリーのような親しみやすさがあります。
IMG_6718.jpg

ドイツ人企業家の娘だったHelen Müllerは、父の会社で働くオランダ人Anton Kröllerと結婚。後にオランダ人画家でもあるH.P.Bremmerの助言を受けながら買い集めたコレクションが展示されています。

特に、Helenが好きだったというゴッホの作品は、アムステルダムのゴッホ美術館に次ぐコレクションだそうです。
IMG_6722.jpg
このゴッホの絵が並んだスペースは圧巻。他にも有名な絵画がたくさんあって、見応え満点!世界の傑作と写真を撮ったり、鼻がぶつかるほど近くで鑑賞できるのはヨーロッパならでは。日本では無理ですよね。

休憩に入った美術館内のちょっとオシャレなカフェのテラスで、眩しい緑に囲まれながらの軽食は最高でした♪

敷地内には25ヘクタールもの彫刻庭園があって、彫刻庭園としてはヨーロッパで最も大きな庭園の一つ。ロダンやヘンリ・ムーアなどの作品も展示されています。
IMG_6750.jpg
<一番手前はロダンのFemme accroupie:1882年>

彫刻だけじゃなくて、こんな巨大なモニュメントのような作品も…。この上で人が遊べる広さです。
IMG_6745.jpg
<jardin d'émail, by Jean Dubffet:1974年)

じっくりアート鑑賞した後は、再び自転車にのって公園内を走る走る?

公園内にはアカシカやイノシシなどの野生動物がいて運が良ければお目にかかれるかも。(HPにいろいろ写真が載っています)
ヨーロッパとは思えない荒野や、こんなZand(砂漠)地帯も広がっているんです。
IMG_6753.jpg

マツヤニの匂いがして、「ここはどこ?」という感じ。
とにかく広いので、自転車をこいでもこいでもなかなか先が見えな?い!(入口で地図を買った方が良いです)
IMG_6756.jpg

何キロか走って辿り着いたのが Jachthuis Sint Hubertus。
IMG_6762.jpg

クレラー=ミュラー夫妻のかつての別荘(狩猟小屋)です。有名なオランダ人建築家Berlageによる設計で、ガイドツアーで見学できるようです。
ここでしばらく休憩してから、駐車場目指して戻ります。久しぶりの自転車漕ぎも結構体力使いますね?、太ももがパンパンになってしまいました・・・

美術鑑賞もスポーツも一度に体験できちゃって、予想以上に楽しい一日でした。
これだけの自然豊かな公園なので、四季折々の風景が楽しめると思いますが、やはり日が長い夏の晴天が一番オススメです。

ネックはアクセスがあまりよくないこと。車がないと不便かもしれませんが、機会があればオススメの場所です。

オランダ情報ですが・・・^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ママチャリ?

が、あるんですか?すごいっっっ!
当然こちらはスポーツタイプのしか見た事ないです。
以前駐在してた方が、日本からママチャリを持って来て
乗ってたら「Cool」と絶賛されたそうです。( 笑

pen | URL | 2010/06/07 (Mon) 22:17 [編集]


penさん

この公園の自転車はママチャリタイプのもので、後ろにチャイルドシートが付いているものが多かったのです。カッコ良くはないですけど、無料ですしね~。

普通の自転車SHOPではやはりスポーツタイプが主流でママチャリは少ないですね。一番小さくても身長160cm以下の私ではつま先がやっと地面につく程度。^^; ブレーキはベダルを後ろに逆回転させるので、日本人には慣れないかもしれませんね。

JJ | URL | 2010/06/08 (Tue) 08:14 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。