ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小さいけど有名な古本の村

Cellesからアップダウンのある一般道を更に南へ下って行きます。
目指したのは「古本の村」として有名なRedu(ルデュ)です。

牧草地に家がぽつぽつと建っているような場所で、「こんな所に本当にあるの?」と思うのですが、到着してみると村の規模に比べて大勢の観光客が・・・。この一角だけがいきなり賑わっているのです。

IMG_6812.jpg
ここが村の中心のメインストリートかな。レストラン・カフェは大勢の人で満席。

人口約400人の小さな村に、24の書店が軒を連ねています。
Reduは1984年に古本で町興しをして成功した村。今ではベルギーだけじゃなくて、ヨーロッパ各国からも年間約20万人が訪れるのだそうです。
「町興しの成功例」として視察に来られる自治体もあるようですね。

IMG_6814.jpg
石造りの建物がまたいい雰囲気です。

お店の展示方法や扱っている書物は様々。
マンガだけのお店もあれば、年代物のまさにアンティーク書物を揃えているところもあり。
みなさん真剣に手にとって何冊も購入していましたよ。

場所柄フランス語の本がほとんどですが、時々オランダ語や英語の本も見かけました。読めなくても、絵や写真が素敵なものを探したり、置いておくだけでインテリアになりそうな「ジャケ買い」するのも楽しいですよね?

今回は何も調べずに思いつきで出かけたのですが、Reduの村では比較的大きなイベント開催日だったようです。

こちらが会場。のどかな村のテントです。^^
IMG_6810.jpg

IMG_6809.jpg「紙」に関する技法やアートなどのデモンストレーションをやっていました。

これは昔ながらの製本道具ですね。→

ちょうどとある女性に説明しながら作業していました。
フランス語でさっぱり分からないけれど、糸(紐)で綴じていく様子はなかなか面白い。
昔はこうやって作っていたのかと思うと結構大変な作業ですね。


私の趣味でもあるカリグラフィー関連の道具や古本、作品などがあるお店も発見して興味津々。一つのお店が扱っている冊数が多いので、じっくり探していたらあっという間に時間が経ってしまいます。

でも、相方は外国の古本には興味がなくすぐに飽きてしまって「散歩してくる?」と・・・^^;
あぁ、また来たいけど連れて来てはくれないだろうなぁ・・・ 

IMG_6813.jpg

イースター等時々イベントも開催しているようですよ。
ルデュの村のホームページはこちらです。→ こちら(フランス語オンリー)

お天気のいい日のドライブがてらに、ヨーロッパの古本屋さんを覗いてみてはいかがでしょうか。

「ジャケ買い」しちゃうのはやっぱり女性ですかねぇ?
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本当にありがとう~(^0^)

JJ様へ
先日はベルギー人の一般的な朝、昼、夕食についてのご案内メール,お忙しい なか、早々に、ありがとうございました!妻も、嫁も大変助かったと、喜んでました!くれぐれも宜しく伝えてくださいとのことです。本来、BE人と結婚した娘が教えてくれるべきなのですが、昨日まで仕事、明日ロンドンから成田に向かうということで全く余裕がなく、JJ様の情報が大変参考になり、また、頷く事も多々でした・・・
明日から、日本家屋の我が家に、BE人4人家族を1週間
滞在されます。神奈川は梅雨ですが、これから1週間は最低22度最高30度、雨は殆ど降らず、まあまあ~の天候なのでほっとしています。
先ずは、御礼まで!(^0^)後日、ご報告をメールやJJ様のブログコメントなどでさせて戴きます。 
本当にありがとう~~~!(^0^)

フロイド | URL | 2010/06/21 (Mon) 02:14 [編集]


フロイドさま

情報、ご参考になれば幸いです。教えてくれた友人にも伝えておきますね。

1週間一緒に過ごされると色んな事が見えてくるのではないでしょうか。ご家族揃っての異文化交流、楽しんで下さい。
ご報告もお待ちしています。(*^_^*)

JJ | URL | 2010/06/21 (Mon) 12:05 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。