ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

The Tall Ships Races 2010

土曜日は蒸し暑いなぁ?と思ったら、夜には雷雨になりました。
それで地熱が冷えたと思ったら、今日も暑い!

お昼頃にアントワープへ出かけましたが、午後から風が出始めたので少しマシかな??
夏の日差しに包まれたこの週末、アントワープのSchelde川沿いは大賑わい。

7月10日?13日、The Tall Ships Racesが開催されています。

IMG_7206.jpg

"Tall Ship"って・・・?

Tall shipとは大型の帆船のこと。
今回のレースには、大きさによってA?Dまでのカテゴリーに分けられた帆船が75隻が参加しています。
IMG_7182.jpg

一番大きなAクラスは全長40m以上の横帆式帆船で、日本だったら海王丸もこれに当てはまるようです。
船はヨーロッパの各国から来ていました。(マストが広がっていると見栄えがいいのですが・・・・)
IMG_7185.jpg

Schelde川にはいつも以上に船がたくさん行き交っていて、なかなかの景色。
このレースに参加する船だけじゃなくて、観光船、個人所有の船など色々・・・。
アントワープ市のサポートもあって、事前にCMも流していましたし、この夏の陽気に誘われて観光客も大勢です。
大きな港のある町なんだな?と実感。

IMG_7199.jpg

この期間中はSchelde川沿いに停泊している帆船は無料公開されています。
IMG_7188.jpg私達も2つほど船に乗って見学してみました。

実際にクルー達が生活している中は立ち入り禁止。
(右写真)

かわいらしい内装でしたが、この下はキッチンみたいですね?。
若いクルーがコーヒーを作って出てきましたよ。


Tall ships raceが初めて開催されたのは1956年、イギリスからポルトガルまでの距離だったそうです。その後は場所を変えながら毎年開催されている歴史あるレースなんですね。
レースは2本行われて、今年は第一レースはアントワープからデンマークのAalborgまで、第2レースはノルウェーのKristiansandからイギリスHartlepoolまでとなっています。

詳しくは分からないのですが、若い船乗り達を育てる意味があるのか、乗船するクルーの半分以上は15歳?25歳の若者でなくてはならない、という決まりがあるようです。


ところで、ベルギーやオランダなど運河のある国でよく見かけるのが跳ね橋。

IMG_7196.jpgこんな風に、船が通過する時に橋(道路)が半分に分かれてほぼ垂直まで左右に跳ね上がります。

大きさにもよりますが、このタイミングで橋にかかると10分前後は待つことになるんですよね?。

ちょうど若い水平さん達も集まってきて船の通過を見守っていましたよ。^^

このイベント、過去にベルギー海軍が使用していた船や航空機の展示や、日曜日には市庁舎前のGrote Marktでクルー達のパレードなども行われました。
(もちろんW杯決勝戦の為のパブリックビューイングも有り。今夜は盛り上がっているのでは?!)

海に行きたいような夏日だったので、(実際には海じゃないけど^^;)夏休みにピッタリのイベントとなりました。

IMG_7204.jpg

W杯も今日で終わり。2010年夏の第一ステージが終わったような気分です。

今のうちにベルギーの真夏を楽しみましょ?♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。