ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

食い道楽のお祭り?Bollekesfeest

8月に入ってから不安的なお天気が続いています。
朝晩や雨が降ると涼しいを通り越して「寒い」と感じる日もあって、「今年の夏はもう終わりか?」という気配さえしていますが、まだまだ夏のイベントは盛りだくさん。

昨日は8/5から4日間開催されていた"Bollekesfeest"(ボレケ祭り)へ行ってきました。

去年は何も調べずに行って場所が分からずに逃してしまったので(^_^;)、今回が初めて。
王立美術館の前からスヘルデ川へ向かう途中にある公園&駐車場がメイン会場です。
この辺りは"Het zuid"(南地区)と呼ばれる新しく開発されつつある地域で、ガイドブックには載ってませんがオシャレなショップ&レストランもたくさんありますよ?。

さて、"Bolleke"(ボレケ)の愛称で人気のアントワープビールの名前がついたこのお祭り、一体どんなものでしょうか?!

IMG_8228.jpg

入口はこちらで?す♪

インフォメーションを挟んで敷地内の半分がBollekesfeestの会場です。
アントワープ市の赤とDe Koninckの赤で統一されてお祭り気分満点。^^

IMG_8190.jpg
一瞬雨も降りましたが、あとは曇ったり晴れたりでまずまずのお天気。最終日の日曜日ということもあって、大勢の人で賑わってました。

まずはやっぱりBollekeでしょう!
次から次へと注がれるDe Koninckのビール。
IMG_8181.jpg
Bollekeグラスを2ユーロでGETすれば、ビールは1杯1ユーロ(安い!)。夫はBollekeとブロンドの2杯、私はレモネードを飲みましたがジュースも1ユーロ。ビール方が断然お得

小さい醸造所は生き残りが大変なのか、身売り先を探していたDe Koninck。つい先日ベルギーのビール会社Duvel社が買収することが決まり、De Koninckがフランダースに残るとホッとした市民も多いのでは?

さてさて、おつまみを探して赤白のかわいらしいテントを周ってみると、何やら甘?いイイ香り。

IMG_8176.jpg
アントワープの名物土産・手形のクッキー(Antwerpse Handjes)を作って焼いてました!

このテントではアントワープ特産品などを売っていました。例えば

IMG_8179.jpg IMG_8180.jpg
<Elixirという薬っぽいお酒>     <キャラメルなど>

IMG_8186.jpg IMG_8187.jpg
<三色のミニソーセージ>    <お団子ならぬ串焼き2色ソーセージ>

Bollekesfeestって、アントワープの物産展みたいな感じなのですね。他にもその場で焼いてるブドウパン、スモークした馬肉、山羊のチーズ、コーヒーなどを試食したり購入できます。

このBollekesfeest、4日の間にスープ作り対決とか、手型クッキーの無料配布や朝食サービスなど日替わりでいろんなイベントが行われていました。

IMG_8237.jpg最終日に私達が見たのは、道路にずら?と並べたテーブルの上で作られる苺のタルト。
全長300mだとか。

1時頃から準備を初めて完成は4時。
観客からは大きな拍手?♪

この後、お客さんに無料でふるまわれたようです。

途中、こんなベルギー版林家ペー&パー子(?)みたいな2人組(素性は存じあげません)が場を盛り上げてましたよ。^^

IMG_8230.jpg

他にも食べ物はないかなぁ?と歩きまわり、インフォメーションを挟んで反対側のブースへ行くと、そこは雰囲気が一変!

IMG_8196.jpg
 レストラン?
各テント内もテーブルやイス、ソファが置かれて、お客さんはワインやシャンパンを飲みながら優雅にお食事。このお店↑は高級レストランだけあって、きちんとタキシードを着た係の人がご案内。

こちらは同時に行われている"Antwerpen Proeft"というちょっと別のイベントでした。

アントワープで人気のレストランが何軒か出店していて、チケットを購入(€20?)して各店舗で飲食します。フレンチ、イタリアン、スパニッシュにアジアンまで色々。デザートではあの有名店もあり。

IMG_8192.jpg
先のBollekesfeestで大きなチーズケーキを食べたばかり・・・これを知っていたら控えたのに・・・

でも何か軽くテイクアウトで食べらるものは・・・と探していたら、見つけた!

IMG_8201.jpg
生牡蠣です♪
この間クロアチアでも食べたばかりだけれど、「一番美味しいGillardeauの牡蠣」とか書いてあると食べないわけにはいきません。
Gillardeauとはフランスの牡蠣養殖業者だそうで、こだわりのフレンチレストランなどが仕入れる牡蠣みたいですね。(フランス語オンリーですが、分かる方はこちらをどうぞ)

その場でお姉さんが貝を開けてくれるので、レモンを絞っていただきます。大きくてフレッシュ♪ そして一緒に紹介されたのが、この右写真の葉っぱ。
IMG_8203.jpg IMG_8195.jpg
オイスター・リーフです。小さな紫の花が咲くようですが、私は初めて知りました。そして一枚そのまま食べてみてビックリ!ホントに牡蠣の味!不思議です?。

IMG_8200.jpgデザートには、アントワープの有名なランチラウンジHet Gebaarのティラミスをテイクアウト。

夫はマルコリーニで「チョコレートアイス」・・・のつもりが、冷たいチョコレートドリンクでした。(笑


こちらのイベントは屋外にもかかわらずシャレたレストランになっていて「さすがベルギー!」と思いました。ドイツのお祭りではこういうお店作りはないですよね?、大抵ソーセージ屋台になってしまう。^^

今年は4日間で12万人以上が来場、18000ℓ以上のBollekeと、300kgのAntwerpse Handjesが売れたそうです。
屋外だって美味しいものをゆっくり楽しむことに妥協しない、そんなベルギー人(フランダース人?!)の一面を見たような気がしました。

ベルギーは屋台でも美味しい♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

楽しそうなイベントですねぇ

ピエールマルコリーニ?チョコレートのですよねぇ。
ベルギー出張者の方々は、ノイハウス・マルコリーニ・ゴディバの
チョコレートのお土産が基本で楽しみだったなぁ~。( 笑

pen | URL | 2010/08/09 (Mon) 18:51 [編集]


penさん

そうそう、ベルギーといえばやっぱりビールとチョコレートですかね~。
いろいろ出てますが、個人的にはマルコリーニがビターで好きです。このチョコレートドリンクも濃厚で美味しかったです。
真夏の日本には持って帰れないお土産なんですけど・・・^^;

JJ | URL | 2010/08/10 (Tue) 07:50 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。