ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

月曜日はMarkt

ヨーロッパでは大抵どこの町でも青空市場(蘭語でMarkt:マルクト)が立ちます。
私たちの町では毎週月曜日の午前中です。

マルクトは八百屋さんからお魚屋、お肉屋さん、チーズ屋さんにパン屋さんの他にも、お花や衣類、生地屋さんなどがお店を出していて、歩いて見て回るだけでも結構楽しいものです。
IMG_1436.jpg IMG_1443.jpg
IMG_1796.jpg IMG_1797.jpg

普段買い物をするスーパーには、日本食には欠かせない大根や茎付きのほうれん草、そしてなんといってもSpitskool(キャベツ)が売っていないのです。お隣のオランダやドイツのスーパーでは普通に手に入るのですが、ベルギーのスーパーはこういう野菜が不足気味。
IMG_1585.jpg
Spitskoolはその名前の通り、とがった(Spits)+キャベツ(kool)です。<写真手前→>
これは日本のキャベツのように柔らかいため千切りにして生で食べられるので、日本人としてはどうしても手に入れたいものでした。我が家の広島風お好み焼きにも必須です)^o^(
最近、春キャベツが出始めたのでGET!

ベルギーに来た当初、このSpitskoolが手に入らないと落胆していると、「マルクトに一軒だけ売っているお店があるわよ」と、ある奥様に教えていただいてから、毎週月曜日には必ずマルクトに行くようになりました。

マルクトではスーパーで買うより若干高めですが、その分新鮮です。それに、「ジャガイモは3つだけ、リンゴはフジを2個とエルスターを2個」などと、好きな分だけ買えますし、片言だけど現地の言葉でコミュニケーションを取るので、勉強にもなります。数字(値段)が聞き取れないので、どうしても最初は不足の無いようにお札をだしてしまうんですが・・・アハハ^_^;。今はだいぶ慣れました。

でも、これが結構緊張するのです。番号札を取って順番に呼ばれるお店ではない場合、大勢がいるなかで自分の番だと思ったら「次は私の番です!!」と言わないと、いつまでたっても買えません^_^; 
もうちょっとオランダ語を話せるようになったら、「今日は何がオススメ?これはどうやって食べるの?」なんて会話をしてみたいものです。

今日はデリカテッセンでパンとお昼用にサンドイッチを買いました。IMG_1798.jpgこのサンドイッチ、直径20cmくらいのパンの4分の1です。これでも「半分だけ」と言って買ったのですよ。

この鶏ささみと卵のサンド、大きさにビックリするものの、パンが軽いので意外にもペロリと全部食べてしまいました。おいしかったです(*^_^*)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。