ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴミの分別

日本でも海外でも、引越しをしてまず気になるのがゴミの分別だと思います。
ドイツ滞在時は「ドイツはゴミの分別が細かくて大変じゃない?」とよく聞かれました。でも!日本、ドイツ、ベルギーと住んでみて、やっぱり環境先進国ドイツが一番分かりやすく簡単だったなぁと思います。日本から引越しをするとき、処分するのに困ることが結構ありました。

ベルギーはというと、やや日本のシステムに似ています。
大きく分けると?紙ごみ、?リサイクルごみ、?生ゴミ、?その他のゴミ、に分けられます。
自治体によってルールが異なるので私の住んでいる町の場合ですが、紙ゴミは月1回、生ゴミは週1回、リサイクルごみとその他のゴミは2週間に1回の回収です。
IMG_1960.jpgゴミは自治体の指定するゴミ袋やゴミ箱を購入して出さなければなりません。青色のリサイクルゴミ袋(PMD)は20袋で2.5ユーロ、オレンジ色のその他ゴミ(Rest)は10袋で15ユーロ(!)、生ゴミ用の緑色バケツは22.5ユーロで購入します。つまり、収集料金を事前に支払うということです。

またそれぞれのゴミ分別がややこしいのです。
リサイクルゴミのPMDとはP=Plastic flessen(プラスチック容器)、M=Metalen verpakkingen(アルミ容器)、D=Drankkartons(紙パック)の意味なのですが、これらでできたものならなんでもいいというわけではありません。

例えば、洗濯洗剤の空き容器はOKだけれど危険印のついた洗剤の空き容器はダメ、アルミの小皿はいいけどアルミホイルはダメ、プラスチックでも食品トレーや包装紙・ビニール袋はダメ・・・などと収集できるものが決まっています。我が家では水と牛乳のパック位しかないので、リサイクルごみ袋がいっぱいになるのに1.5ヶ月位かかります。(有料なので袋が満杯になるまでためる為→つまり、自宅にゴミがたまるのです)
PMDに当てはまらないもの、よくわからないものはその他ゴミになるため、オレンジ色の袋はいつもぎゅうぎゅうに詰め込んで出しています。^_^;
去年の収集したPMDゴミの約30%が間違っていたという市の報告がありますが、そりゃ?そうでしょ、と言わずにはいられません。リサイクルできるかできないか、素材で分けて欲しいものです。

そして台所の生ゴミですが、これもなかなかの曲者です。
生ゴミや紙ナプキン、パンの紙袋など少量の紙の他に赤ちゃんのおむつもOK。
(※2009/10? おむつは生ゴミに入れてはいけないことになりました。その他のゴミへ!)
IMG_1370.jpgでも、困るのはこれらのゴミをプラスチック袋に入れてはいけない、ということです。日本ではスーパーの袋などに入れて口をしっかり縛って出しますよね。そうではなく、生ゴミをそのままバケツに入れて出さなければならないのです。

どうしようかな?と悩みながら、ゴミを一晩ザルに入れて乾燥させたり、パン屋さんの紙袋に入れてみたりして、なるべく汚れないように考えてみたのですが、これが難しい。露や湿気で濡れてバケツの底にゴミがくっついて残ったまま・・・なんてこともありました(>_<)。

仕方ないけど困ったなぁ?と思っていたところ、いいものを教えてもらいました!
この写真上の緑色の袋なのですが、澱粉で出来ているので2週間で100%分解されてしまうという優れものなのです!
でもこの袋、ベルギーには売っていないのでオランダのスーパーで購入します。^_^;
外国のものなのでベルギーで通用するかどうか一応市役所で聞いてみると・・・
「あぁ、これは2週間で消えてなくなっちゃうから使っていいよ」とのこと。やった?!!(^^)!
それ以来、生ゴミはこの袋に入れることでストレスが無くなりました。
<追記:後日ベルギーのスーパーでも分解されるゴミ袋が売っていることが分かりました!>

ただ、私たちのアパートには共同ゴミ置き場が無く、管理人さんもいないので、収集日に自分で出します。1回逃すと1?2週間溜まってしまう悲劇が待っているので、留守にするときにはゴミの収集日を考えなくてはなりません。う?ん、悩ましい・・・。
ゴミ問題はどの国でもつきまといますね。

【おことわり】
ゴミの分別方法は自治体や住居によって異なります。また、ルールも変化しますので、その都度ご確認下さいますようお願い致します。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

元気そうね

さっそくブログチェックしました♪
初めて見た内容が “ゴミの分別”ってところがJJちゃんらしいなぁと思ったよ。
いろいろ細かくて大変そうだね。 日本の分別でさえ、ちゃんと守れてるか自信のない私からすると、偉いなぁと思いました。
秋頃そちらへ行けるのを楽しみに、それまでこのブログでベルギーの予習をしておきます♪

KAORI | URL | 2009/03/27 (Fri) 15:49 [編集]


KAORIさん

ゴミの分別はずっと書こうと思っててやっとアップしたところだったの~。最近は慣れてきたし、ベルギーでは少し適当でも大丈夫!(・・・だと思う)
旅行の参考になればうれしいです。私もいろいろ勉強しておくね♪

JJ | URL | 2009/03/27 (Fri) 17:27 [編集]


探しました!

私も夏に向けて生ごみをどうするか・・悩んでいたのでとってもお役立ちブログでした^^
オーストリアは生ごみ、紙ごみ、瓶、その他、とあまり細かく分かれていません。
でもやはり生ごみをスーパーの袋には入れて出せず。。。
リサイクルっぽい同じような袋を探し、単語を調べると分解、とかの単語が書いてあったので多分これで大丈夫なはずです^^
生ごみストレス解消!!
ありがとうございました♪

おひさま | URL | 2009/03/29 (Sun) 10:26 [編集]


おひさまさん

ザルツブルグでも生ごみはポリ袋に入れてはいけないのですね~。
似たような袋が見つかって、お役に立ててうれしいです♪
ドイツでもBIOゴミはに専用の紙袋が売っていましたが、これは主に草花とかリンゴやミカンの皮、コーヒーフィルターなどで、いわゆる生ゴミは「リサイクルできないその他ゴミ」としてポリ袋にまとめて入れられたので楽でした。国によっていろいろですね。

JJ | URL | 2009/03/29 (Sun) 22:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。