ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヴェネツィア旅行記

「イースター休暇、どうする?車で南ベルギーでも行く?」
と聞く私に、夫の答えは

「やっぱりヴェネツィアは一度行っておかないとな」

あれ??以前、ローマ・ミラノ・フィレンツェに行った事があるから「イタリアはもういいや、どこも同じだよ」と言っていたのにぃ?

どういう心境の変化か分かりませんが、夫のこの一言でヴェネツィアへ2泊3日の旅行をすることになりました。(もちろん嬉しかったのですけど^^)

経費節減の為^^、格安航空会社Ryanairで初めてのフライト。ここのチケットは最低限必要な費用以外は受けたいサービスの分だけ料金が加算される仕組みになっています。座席は自由席、機内サービスは全て有料です。今後はトイレの利用も有料化(1ポンドだったかな)することを検討しているようですが、今回はまだ無料でした。

イタリアのTreviso空港が霧で閉鎖ということで1時間半ほど機内で待つことになりましたが、気象状況は仕方ありませんね・・・。それ以外は順調でした。

前置きが長くなりましたが、

アルプスを越えて・・・
IMG_2049.jpg

約1時間半でヴェネツィアに到着です。
よろしければベネツィア旅行記にお付き合いください・・・

やってきました、「水の都」ヴェネツィアへ!
IMG_2300.jpg

早速ヴァポレットという水上バスに乗って町の中心部へ。
町を歩けば狭く入り組んだ路地はまるで迷路のよう。
薄汚れた黄色やピンクの壁にひらひらと洗濯物が風に揺れる風景がいかにもイタリアらしい。

土曜日には市場を見学。アドリア海で獲れた新鮮な魚がいっぱい!特に名産?の墨まみれのイカと何種類もの海老が豊富でした。
ヴェネツィアの住民はこの新鮮なお魚たちを毎日食べられるなんて、羨ましい。
他に八百屋さんやお花屋さんなど、どこも大賑わい。
IMG_2129.jpg IMG_2134.jpg

そしていわずと知れたサン・マルコ広場へ。
サン・マルコ寺院(大聖堂)と隣のドゥカーレ宮は観光名所。中も素晴らしく見ごたえありました。イースター休暇ということもあって、大勢の観光客でいっぱいです。
IMG_2078.jpg

お決まりのサン・マルコ広場にあるカフェにも入りました。このカフェFlorianは1720年創業のイタリアで最も古いカフェだそうです。
割高とは聞いていましたが、メニューを覗くとエスプレッソが6ユーロ、カプチーノは8.5ユーロ。
「パリのシャンゼリゼでも10ユーロだし、ここは生演奏を聞きながらサン・マルコ寺院を眺められるし、せっかくだからいいんじゃない?」
・・・と、正当な?理由をつけてみます^^
IMG_2080.jpg

ゆっくり休んで「贅沢だね?」と言いながらお会計。
ん?コーヒー以外の6ユーロ×2名=12ユーロって何だ?

演奏家へのチャージは別料金でした。あはは^_^;
青空コンサートをコーヒー1杯付きで聴いたと思って納得させました。(笑) 
サンマルコ広場でカフェに入ったら、できるだけ長居をしましょう。^^

ヴェネツィアン・グラスで有名なムラーノ島へも行ってみました。
Muranoガラス工房がいくつかあるのですが、私たちは見学せずにぶらぶら散策。
それぞれ個性のあるお店のウィンドーを眺めているだけでも楽しいです。
本島より空いているのでゆっくり過ごすのに最適です。

素敵だなと思ってふと立ち寄ったお店で品定めしていてると、
「どうぞ付けてみてください」
え?日本語?
このお店、偶然ですが日本語を話す店員さんがいました。ミラノで日本語を勉強したそうですが、留学経験がなくてもとても上手でした。手頃なネックレスとピアスをセットで購入♪
お店のHPはこちら

そして、旅の楽しみの一つはやっぱり食事ですよね(*^_^*)
・・・ということで、事前にネットでお店をチェック!イタリア在住の方が勧めるガイドブックにも載らない穴場というレストランに行ってみると・・・・

何組もの日本人に会いました^_^; 考えることはみな同じ、ですね。
でもお陰でアルデンテの美味しいパスタが食べられて大満足でした!(^^)! これだけでも今回の旅は成功だったと言えるかもしれません。
IMG_2109.jpg IMG_2265.jpg
ベネツィアは食事が高いと聞いていましたが、アントワープも結構高いので同じくらいですね。ただ、船や入場料はかなり高いなぁ?と思いました。日本から行くとかなり割高に感じるかもしれませんね。

最終日には高さ100mの鐘楼に登ってヴェネツィアの街を見下ろします。
赤茶色の屋根、傾いた教会の塔、青い海に行き交う船・・・素晴らしい景色です!
IMG_2283.jpg

今回は予定や時間に縛られずに気ままに過ごした旅でした。
ゴンドラには乗らず^^、小さな橋をたくさん渡りながら細い路地をあちこち歩きました。ふと大きな広場に出たり、時には行き止まりだったりしますが、それもまた楽し。どこも絵になる町だなぁ?と思いながら。
IMG_2176.jpg

将来は沈んでしまうかもしれないといわれているヴェネツィア。この類まれな環境と独特な雰囲気に世界中の人が魅了されて訪れるのが分かったような気がします。

島内の移動は船か徒歩ということで、ちょっと例えが悪いかもしれませんが、まるでディズニーランドにいるような感覚を覚えました。
もちろんこちらは本物で、長い間共和国として栄えた場所であり、今でも生活している人々がいるのですがヴェネツィアを後にしたときに、ちょっとした夢物語が終わってしまった・・・・そんな気がしたのでした。
IMG_2204.jpg

最後まで読んで下さりありがとうございました(*^_^*)

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。