ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お料理教室

ベルギー人のご主人を持つSさん(日本人女性)がとてもお料理上手なので、お願してベルギーの家庭料理を教わることになりました。

そして先日、第一回目のお料理教室を開いていただきました。

この日のメニューはチーズを使ったお料理です。
kaas
*トマトとチーズのスープ
*山羊のチーズのベーコン巻サラダ乗せ
*ゴルゴンゾーラとバジルを包んだパイ
*レーズンとクルミのミニパン(焼いたカマンベールチーズをつけていただきます)


ヨーロッパではチーズの種類が豊富で、日本と比べてとても安い!
でも、あまりにたくさんありすぎるし、どれが美味しいのか分からないので冒険できずにいました。今回初めて食べるチーズばかりで、新しい発見でした。

お料理に使ったのはMagor(マゴール)という青かびチーズのゴルゴンゾーラにマスカルポーネを混ぜたイタリアのチーズ。
それとCambozola(カンボゾーラ)というドイツ・バイエルン地方の青かびチーズと白かびチーズを混ぜたもの。名前もそのままゴルゴンゾーラとカマンベールからとってつけたそうです。

お料理以外にもいくつかチーズを紹介して下さいました。

kaas1

手前の黄色いチーズはBlugge Blommeというブルージュのチーズです。コクがあるのですがなめらかで癖が無く美味しい!一番のお気に入り♪
右の茶色いものはCamembert au Calvadosといって、ノルマンディー産のカマンベールチーズを、同産地のリンゴのブランデー、カルヴァドスで香りづけした白カビチーズ。
上の小さい丸型はCrotinという山羊のフレッシュチーズでややクセのあるすごくコクの濃いチーズです。
左のカマンベールもすごく美味しかったのですが、どこのものか忘れてしまいました^_^; 

ブルージュのチーズに合わせてブルージュのビールも一緒に頂きました。
これも深いのですがほんのり甘くて飲みやすい・・・と思っていたらすぐに酔いがまわってきました。もしかして・・・・と思ってアルコール度数を見たら8.7%!すぐに酔っぱらうわけです。(アルコールには弱い体質^_^;)
そうそう、ベルギービールは種類も豊富ですが、アルコール度数が高いものが多いので注意が必要です。

チーズにお酒・・・ヨーロッパの食事ですよね?。
和食党の我が家の夕食メニューにはなりそうにないけれど、お酒好きな女性のゲストが来たときにはピッタリかな?!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わぁ~~見るからに美味しそうですね。
写真もきれい。

チーズ狂の私としては、是非、ゴルゴンゾーラとバジルのパイ包み、やってみたいです。

ヨーロッパはチーズが好きな人が多く、味も多彩で本当に美味しいチーズが多いです。値段もリーズナブルなのは、やはりみんなの食べ物、だからでしょうか。いいなぁ・・・・

しっかりレシピをゲットしておいてくださいね。

ゆ~こ | URL | 2009/04/26 (Sun) 21:57 [編集]


ゆ~こさん

チーズ狂でしたか?!
アメリカではチーズはどうなんでしょうか。

市販のパイ生地にクルミを散らしてでチーズを包んだらオーブンで焼くだけ。簡単ですが美味しくて、パーティなどのおつまみにもピッタリだと思いますよ♪
ただ、カロリー高めですよね、気をつけなくちゃ!

JJ | URL | 2009/04/27 (Mon) 15:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。