ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新オランダ語コース、開始!

lingapolis今週からアントワープ大学付属の語学学校(Linguapolis)に通い始めました。
月・火・木の週3日、9時半?12時半までのモーニングコースです。
今までゆっくり寝てた生活を改め、早起きの日々です^^

先月まで通っていた学校とは違って、この学校では高等教育を終了していることと他のヨーロッパ言語を勉強していることが条件となっています。
レベルは1?5まであり、レベル5を終了するとアントワープ大学で学ぶことができるそうです。

私は少しオランダ語の知識はあるけれど、最初のレベル(Level1)からスタートすることにしました。
初めてオランダ語を習う人もいれば、自国で少し勉強してきた人、夫がベルギー人なので聞きとれるけど書けない人、などいろいろです。授業はすべてオランダ語(フラマン語)のみで行われるので、全く初めての場合はちょっと大変かもしれません。

クラスメートの国籍はロシア、ブラジル、インド、アメリカなど様々ですが、大学で勉強したい人、王立美術アカデミーで学びたい人、永住するので必須な人など、目的意識がはっきりしていてモチベーションが高いです。授業料も高いので真剣さも前の学校とはだいぶ違いますね。

初日から
「zij とzeの違いは?」「この単語の発音は?」「○○の意味は?」など質問が飛び交います。宿題も生徒から催促したりして・・・^_^;

「あなたの専門は何?」
質問される内容も違います。(笑)

でも、こういう質問にはちょっと困ってしまうのです。たいてい他の国の人達は法律や貿易、ツーリズムやテクノロジーなど職業と密接的な勉強をしていることが多いからです。
ドイツにいた時もでもそうでしたが、「どんな職業訓練(専門教育)を受けた?」と聞かれると文学部卒の私は答えに困りました。学者や教師になっているわけでもないし、文学部ってなんだか中途半端だな?、なんて思うのです。

もしも、もう一度高校生に戻れたとしたら、今度は理系に進んでどこかの研究所で実験していたいなーと思っているのです。え?意外ですか? 

でも、こうして縁あってマイナーなオランダ語まで学ぶことになったのも、言葉に対する興味があるからなんですよね。
新しい環境で、楽しく学んでいきたいと思ってます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/04/24 (Fri) 19:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。