ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オランダ買い物事情

Putte2
昨日のオランダPutteにあるスーパーでのこと。

スーパーの規模は小さいものの、ベルギーのスーパーでは見かけない品物もあって興味津々。
さすがオランダ、(なぜか)ベルギーには少ない生乳もたくさん売っていますし、チーズの種類も豊富です。食料品の税率はどちらも6%ですが、それ以外の付加価値税はベルギーが21%、オランダは19%なので洗剤など同じ製品ならオランダの方がお得ですよね。

レジに並んでお会計すると全部で6ユーロ54セントでした。
ちょうど54セントの小銭があったので10ユーロ札と54セント渡すと、レジのお姉さんが何やら言っています。オランダ語なので最初はわからなかったのですが

「55セントです、あと1セント足りません」 ・・・と言っているらしい。

あら、間違えたからしらと思ってレジの表示と渡した小銭を確認すると、確かに"6.54"なのです。
「だって、6ユーロ54セントでしょう?合ってると思うけど・・・」

「それはわかってますが、あと1セントです!」

「はぁ?」
訳が分からなかったのですが、1セントだしチップみたいなものかなと思って1セント渡しました。
レシートを見ると 合計:6.54、 預かり:10.55、 おつり:4.00 となっています。

釈然としないので家に帰って調べてみました。
すると、オランダでは2006年から1セントと2セント硬貨が不足しているために小売店では使用されないことになっているというのです。そのため1セントの単位は2捨3入、7捨8入して支払うそうです。

例えば1ユーロ98セントの買い物なら2ユーロ(お釣り無し)、2ユーロ2セントのものでも2ユーロ支払うってことになります。なので、私が支払うべき金額は6ユーロ55セントだったわけですね。知らなかったよ?。

なぜこんなややこしいことしてるんでしょう?それなら最初から5セント単位に値段をつけてくれればいいのに・・・と思ってしまいました。 
でも、こんなところにも違いがありましたね。勉強になりました。

<追記>
後日、別のスーパーで買い物した際にはちゃんと2セントのお釣りをくれました。この徹底していない規則は何なのでしょう?お店によって異なるのかもしれません。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。