ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マグリット美術館

6月2日、ブリュッセルの王立美術館横に、Magritte Musemがオープンしました。

一般公開に先立って、先月はアルベール国王も御覧になっていて、今一番Hotな場所かもしれません。
200点以上にのぼるMagritteの絵画や彫刻、彼が撮った写真などが展示され、そのコレクションは世界最大級だそうです。

シュルレアリスムの代表的な画家Rene Magritte(1898-1967)はベルギーのワロン地方で生まれ、ブリュッセルの美術学校で学んでいます。
パリではあまり活躍しなかったようで、長くブリュッセルに住んでいました。彼の住居兼アトリエであった小さなアパートも美術館として公開されています。

独特な画風で日本でも人気があるかもしれませんね。
観に行きたいのですが、たぶん混んでいるだろうから、もう少しほとぼりが冷めてから行ってみようと思います。

マグリットの世界をちょっとだけどうぞ!↓



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Margritは私は、ある人に教えられてその世界をのぞくことになったのですが、すっかり魅せられてブラッセルに行く度に彼の絵を見る機会を探しました。どうしたらあのようなイマジネーションが浮かぶのか、天才の域としか言いようが無いと思いました。
いいなぁ・・少し落ち着いたら是非行ってその中を教えてください。

ゆ~こ | URL | 2009/06/10 (Wed) 19:43 [編集]


ゆ~こさん

お久しぶりです!
Margritの世界は本当に独特で、一度見たら忘れられない印象を残しますよね。
新しくなったこのミュージアムでは、その天才的な感性で撮った写真などがあるそうなので、一体どんなものなのかとても興味があります。
観に行ったらご報告します♪

JJ | URL | 2009/06/11 (Thu) 18:34 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。