ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テストは終了したけれど

昨日、Speakingの試験が終わり、いよいよVakantie(バカンシー)の始まりです!
夏休みの始まりにふさわしい、真夏日となりました!晴の守護者

今日は試験終了書の受領日でした。うちのクラスでは残念ながら3人ほど落ちてしまいましたが、それ以外はみんな合格。お互いに"Proficiat!"(おめでとう)と言って喜びました。クラッカー左
移民同化政策の一環で受けている場合は、合格しないと市からの援助はもらえず費用は自己負担になるそうで、みんなホッとしていました。よかった、よかった♪

私もドイツ語を勉強していたおかげで、いい結果を得ることができました。まさかこんな風にドイツ語が役立つとは思っていなかったのですが、どんな知識も経験も無駄ではないのだなぁ?と改めて思っています。
オランダ語はドイツ語と英語と同じ西ゲルマン言語グループなのでよく似ています。単語は英語とドイツ語両方に似ているものがあり(フランス語もちょっと入りますが)、文法はドイツ語文法を簡略した感じなので、ちょうど英語とドイツ語の中間かなと思います。冠詞や動詞活用も数が少なく、(ドイツ語を習った方お分かりかと思いますが)何と言っても格変化がないのでそれだけでもすごく楽です。
その代り、ドイツ語につられて多数のスペリングミスをしてしまいますが・・・^_^;

ひとつ、筆記試験で個人的に納得のいかない問題がありました。
それは図を見て、『ここでは?しなければいけません』という文章を作るのですが、その図というのが写真下の左の標識です。皆さんはこの標識をどう読み取りますか?

IMG_3104.jpg左の標識は「右方向への一方通行」
左の標識は「右折のみ可」

・・・だと私は思ったので、『左から右にまっすぐ行かなければならない』と回答しました。

そしたら答えは×。正解はなんと!
『右折しなければならない』

え?っ?!えぇ
つまり、この上の二つの標識は「右折」という同じことを意味しているわけです。
一方通行は上矢印↑だっていうのです。それは知ってたけれど、T字路の正面にこれがあれば右折するのは明らかだけれど、この標識だけ見たら一方通行かと思いませんか?
あ、皆さん納得? やっぱり私の勘違いでしょうか・・・。sn
ちなみに私は車を運転しますが^_^;、免許を持っていない生徒からも「運転しないから標識なんか分からない」と不評でした。

さて、せっかく慣れてきたオランダ語。このまま夏のインテンシブコースにチャレンジするか、夏は遊んで秋まで休むか、まだ心は揺れています。
夏至(22:30 西の空)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。