ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初ニシン

白アスパラの季節は今週で終わり、今はオランダニシンが旬の食べ物です。

haring1ニシンはオランダ語で"Haring"(ハーリング)といいますが、フランダースではこの塩漬けした若ニシンのことを"Maatjes"(マーチェス)といいます。
(ドイツ語でもMatjesですね)

今年は6月9日(ポスターでは6日になってますが?)が解禁日のようで、この日からマーケットやスーパー、レストランでは一斉にマーチェスが出回ります。

オランダではこのポスターのように→
しっぽを持って高く持ち上げ、パクッと食べるのが伝統的な食べ方のようですね?

何だか日本でいう恵方巻みたい^^


解禁日からだいぶ経ちますが、まだニシンを食べていませんでした。うちの旦那さまはこのニシンが苦手なので家では食べられないのです・・・泣き顔 (なんて言うとまた怒られるかな)

「ニシンは外で食べるべし!」ということで、先日、新鮮なお魚料理が食べられるレストランに行ったので、念願の?マーチェスをいただくことにしました。
初ニシンです!
haring
玉ねぎのみじん切りと一緒に食べるのがポピュラーな食べ方ですが、タルタルソースでいただくことも。新鮮なので脂がのっていて臭みもありません。
ニシンの塩漬けはお店によって塩加減に差があるのですが、このレストランのマーチェスは塩分控えめでとても美味しかったです♪

オランダ、ドイツではパンにマーチェスを挟んだマーチェスバーガーもよく見かけましたが、日本人としてはパンにはさむよりも、生姜醤油やポン酢で、又はお酢で〆てバッテラ風のお寿司にしたら美味しいかも・・・なんて思ってしまいます。^^

このニシンも食べられるのは今のシーズンだけ。もう少し楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。