ルーベンスの庭で~ベルギー生活記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国際郵便事情

postde Post 郵便局

・・・というと、どこの国でもそれなりに問題やトラブルなどエピソードがあるものだと思います。

ヨーロッパの中では「しっかりしている」と言われているドイツの郵便局(Deutsche Post)でも、在独日本人からの評判はあまりよくなかったと思います。(幸い私たちは何のトラブルもなかったので悪い印象は持っていませんが)

そしてベルギーの郵便事情ですが・・・

先月、日本に居る家族が荷物を送ってくれました。国際郵便EMSで送ったというので、ゆうちょのHPでかかる日数を調べてみたら約5日で届くとなっています。
6月1日に出したということなので、まぁ1週間位かなと思って待っていましたがなかなか届きません。
EMSは番号で追跡調査ができるので、調べてみると・・・

6/1 日本の局にて引受
6/2 日本より発送
6/3 ベルギー着、通関
6/10 Brusselより発送
6/12 配達

同じ頃に注文したDVDもまだ届かず、こちらもEMSなので調べてみると・・・

6/5 引き取り
6/6 日本より発送
6/8 Brussel到着
6/10 通関
6/17 Brusselより発送
6/18 配達

どちらのケースも、日本で引き受けてからベルギーまで3日で届いています。問題はその後。
ブリュッセルの国際郵便局で1週間も配達されるのを待っていたことになります。
う?ん、いくらたくさんの国際郵便が集まるからって、ずいぶん遅くないですか?

ゆうちょHPのEMSの案内に「優先的に、スピィーディーにお届けします」とあるのが虚しい。
ハイ、日本を出たところまでは確かにスピーディーでした。でも、その後引き受ける国の事情によっては優先権もスピードも求められないようですよ・・・。こういうのって、相互の国で同じレベルで扱ってもらわなくては実現しないのですよね?苦笑

因みに、お隣ドイツから送ってもらった速達書類でさえ週末を除いて5日もかかっています。

そして待ちに待った配達ですが、たまたま留守にしていて受け取れませんでした。
翌日、不在通知を持って郵便局に取りに行くと、確認のために受取人の身分証明書が必要だとのこと。

「あの?、受取人は夫ですが、彼は仕事で取りに来れないのですが・・・」
と恐る恐る言ってみると、窓口のマダムはちょっと上目づかいに一瞬考えてから、

「今日はいいけれど、次回からは本人の身分証明書と委任状にサインをもらってきてね」
と言って、荷物を渡してくれました。

ラッキー!
こういうところはしっかりしている日本やドイツでは「ダメなものはダメ」と言われそうですが、ベルギーでは「言ってみたら意外とOKだった!」ということが、結構あるのです。

しっかりしているけど融通が利かないのと、いい加減だけど柔軟さがあるのと、どちらがいいのか分かりませんが^_^;、無事に届いたのでよしとしましょう。

EMSはちょっと高いけれど、追跡もできるし保険もついているので、心配な場合はやはり利用したほうがよさそうですね。そして、今度からは日本からの国際EXPRESS郵便は最低でも2週間はかかると思って気長に待つことにします。笑
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。